26

そのため、これらのページを繰り返し引用します。

8

圧平衡定数と濃度平衡定数の量計算問題は2ステップで解け!

反応率とは最初存在したAの内からBへ変化したものの割合のことです。 反応前は2. A ベストアンサー 蒸発熱の扱いは融解熱の扱いと同じです。 26 「化学の中でも電気分解が特に嫌い」 「電気分解は覚えることが多すぎる」 「せっかく覚えても忘れてしまう」 あなたはこのように感じたことはありませんか?[…]• この当たりはですでに説明した。

11

反応速度と化学平衡

ここで出てきたギブズエネルギーの物質量変化に対する増加率、すなわちギブズエネルギーを物質量で偏微分した値 は化学ポテンシャルと呼ばれる。 しかし化学ポテンシャルの数値などを問題にしない場合は圧平衡定数が使えます。

7

化学平衡

40[kJ/mol]>0ですからK P298<<1となり、平衡は圧倒的に左に片寄っている。 。 以下の説明に於いても同様です。

19

化学 化学平衡と平衡移動 前編

5mol生じた。 つまり、圧力が高いと重合が進み、低いと解離が進む。 この時の(濃度)平衡定数Kcの値を単位付きで求め、解答せよ。

26

絶対にわかる化学平衡の仕組み│受験メモ

RTは定数であるため、Kpも定数となるのである。

20