OpenShiftにおけるBlue

クラウドコンピューティングのメリットのひとつは、インフラストラクチャをプログラム的に作成し、必要なくなったら破棄する可能性です。 0 CNAME: UNKNOWN Updated: 2020-08-20 05:04:07. Do you want to set up SSH for your instances? いいえ 2 つのターゲットグループ 必須。

AWS CodeDeploy による AWS Fargate と Amazon ECS でのBlue/Greenデプロイメントの実装

呼び出し先から即座にレスポンスを得られない場合に備えて、リクエスターはタイムアウトが満了するまで応答を待つことになります。 関連記事• サービスのポイントはこんな感じです。 とはいえ、比較的シンプルなAWSインフラで問題ない場合や、AWSインフラをあまり考えたくない場合、AWSインフラの複雑な管理をしたくない場合には、Elastic Beanstalkを採用することで、簡単にBlue-Green Deploymentが行えるので一考の余地ありだとは思います。

AWSでブルーグリーンデプロイを実践してみた

Istioの特徴 Istioの特徴の一つが、です。 試行結果のフィードバックを基に、不具合があれば修正し、問題がなければ、Istioのトラフィック管理機能を操作して、次期本番環境を全面リリースします(図3の3)。

カナリアリリースとは 意味/解説

そういった際には、筆者らにお声掛けいただけるとうれしく思います。 ですが、機能追加・変更などに伴ってUIが変更となる場合、デリバリのタイミングは検討する余地があります。

22

カナリアリリースとは 意味/解説

図8 ブルーグリーンアップデートの概要 ブルーグリーンデプロイメントは、元々はデプロイ先の本番環境を2つ用意しておき、デプロイごとに使用する環境を切り替えるという手法であり、クラウド型インフラストラクチャではない環境でも利用できたが、クラウド型インフラストラクチャではこういった冗長な構成を容易かつ比較的低コストで実現できるため普及が進んでいる。 0 Tier: WebServer-Standard-1. 弊社では、マイクロサービスや複雑なカスタマイズが要件上発生する 見込まれる システムの開発を請け負うことが多く、コードベースの管理コスト・複雑性の観点からElastic Beanstalkをあまり利用しません。 本番環境とステージング環境に差異が発生しないことから、差異に起因する不具合も避けられます。

Docker を利用した Drupal サイトのブルーグリーン・デプロイメント

クイックスタート• ChefをベースにしたAWS OpsWorks。 マイクロサービスアーキテクチャのこのようなメリットは、最近普及が進んでいる仮想化技術やクラウドサービスとの相性も良い。 次に、CodeDeploy は本番稼働用トラフィックを元のタスクセットから置換タスクセットに再ルーティングします。

29