[ 教材研究のひろば > 中学校 > 総合的な学習の時間 ]

総合的な学習の時間とは、の時間種別を表すであり、各学校における総合的な学習の時間のは、各学校が独自に定めている。 多面的な評価の方法であること 生徒の成長を多面的にとらえるために、多様な評価を取り入れることが大切です。

14

[ 教材研究のひろば > 中学校 > 総合的な学習の時間 ]

(文部科学省) 総合的な学習の時間の研修会・研究協議会 授業エキスパートを目指す授業研究会(総合的な学習の時間) 管内小・中学校において、「はつらつ先生」等、授業実践が豊富な教員に授業公開を依頼し、管内の小・中学校の希望する教員が市町や校種の枠を超えて、自主的・ボトムアップ式に参加できるようにした授業研究会です。

29

総合的な学習の時間のページ

「生き物への親しみをもち,大切にする」という目指すべき内容をもとに,どんな教材や学習活動を取り上げるかは,もっと選択されてよいのである。 その際,具体的な活動や事象との関わりをよりどころとし,また身に付けた資質・能力を用いて,よりよく課題を解決する中で多様な視点から考えることが大切である。

26

ポートフォリオ(教育評価の専門用語)

探究学習に関する詳細データや各種データ、探究学習に関する各種情報をお知りになりたい方はをご覧ください。

28

総合的な学習の時間:文部科学省

(3)各教科,道徳及び特別活動で身に付けた知識や技能等を相互に関連付け,学習や生活において生かし,それらが総合的に働くようにすること。

22

ポートフォリオ(教育評価の専門用語)

小学校・中学校各教科等の目標の解説 「小・中学校「教科等の目標解説を縦横に読む」シリーズ」は,下のボタンより閲覧できます。 教員が教材を吟味し準備した上で英語をとするに工夫している。 (*「相互補完」の関係については昨年度の研究紀要を参照されたい。

20