高橋知哉とは

西島洋介(右)がヤマネ・ボクシングのヘビー級王者の高橋(左)に引退試合を挑んだ 90年代、日本人としては珍しい本格派のヘビー級ボクサーとして一世を風靡し、2000年代からはK-1やPRIDEのリングでも活躍した西島洋介(47) は、以前のような「西島洋介山」ではなく、「マスター西」のリングネームでリングに上がり続けているが、今年の抱負に「現代の日本人ヘビー級ボクサーと戦いたい」と語り、日本ボクシング連盟・前会長の山根明氏が立ち上げたWYBC(ワールド・ヤマネ・ボクシング・チャンピオンシップ)の世界ヘビー級王者である高橋知哉(33)との対戦を熱望した。 TRIBEで自主興行する。 高橋の2RKO勝ち。

9

高橋知哉

高橋の1RKO勝ち。 奈良県をボクシング王国に引き上げた手腕を買われ、日本ボクシング連盟理事など数々の役員を歴任。

30

山根明氏 設立新団体ヘビー級王者・高橋が初防衛戦、瞬殺KOに「見てなかった。感想も何もない」― スポニチ Sponichi Annex 格闘技

山根氏にとっては大ピンチだ。

28

シバターにボクシングヘビー級王者の高橋知哉が挑戦状 (2021年1月3日)

地元の地下ファイトでの「賭け喧嘩」でベントレーやキャデラックが止まっているなか、パンチや角刈りのおっさん達に格闘家や黒人と戦わされてたという映画のような話です。 うまいことRIZIN利用して調子乗っとんちゃうぞ」とバッサリ。

25

WYBCとは|所属選手は何人?世界チャンピオンの高橋知哉は強い?

2011年には会長に就任、翌年には終身会長となったが、審判の不正や助成金の流用などの疑惑が発覚。

WYBCとは|所属選手は何人?世界チャンピオンの高橋知哉は強い?

結果を受け、改めてシバターに挑戦状を叩きつけたのが、日本ボクシング連盟前会長の山根明氏(81)が設立した「WYBC(ワールド・ヤマネ・ボクシング・チャンピオンシップ)」世界ヘビー級王者の高橋知哉(33=BONECRASH)だ。

27

高橋知哉とは

2015年、KBSホールで世界WSCSヘビー級ランキング1位のラファエル・ティシェイラ・サントス(23勝23KO)と対戦し、判定により世界WSCSヘビー級チャンピオンとなる。 SPみたいなガタイのデカいの5人ぐらい引き連れてたけど、関係ないと。

23