「明らかな差別」学生への緊急給付金、留学生には“成績基準“設定で批判殺到 文科省の見解は(BuzzFeed Japan)

日本の大学院の博士課程に在籍する学生は全国に7万人余りいて、科学技術立国を支える人材とされていますが、経済的な支援が乏しいうえ、新型コロナウイルスの影響で、博士号を取得する時期が遅れるケースが多くなると懸念されています。

5

困窮学生へ10万~20万円 文科省、対象者は43万人 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

生活に困っている学生・生徒等への支援では、アルバイト収入の激減等により困難に直面している学生等の「学びの継続」のための「学生支援緊急給付金」を新たに創設。 日本の博士課程の学生は、平均すると一人当たりの年間の奨学金などは78万円で、アメリカの学生の3分の1以下になっています。 所属の学校に確認をお願いします。

3

困窮学生へ10万~20万円 文科省、対象者は43万人 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

「速やかに必要な学生に支援が行き渡るよう早急に対応してまいりたい」と述べている。 また、スポーツイベントの感染症拡大防止のための人件費(検温、誘導など)、会場費などの経費支援に取り組む。

6

困窮学生 支援拡充を/畑野議員が学費半額など要求/衆院文科委

5月19日に閣議決定した。 国から補助金を受けたJASSOが対象学生に現金を振り込む。

4

文科省は71件の留学生受入の支援、国費外国人留学生制度を活用

そもそも、給付金の趣旨や対象は 今回の給付金は、「学びの継続」のための「学生支援緊急給付金」とされ、5月19日に創設が発表された。 学校支援地域本部等から地域学校協働本部への発展 学校支援地域本部等がすでに構築されている地域においては、その体制を基盤として、コーディネート機能の強化、より多くの地域住民等の参画による多様な活動の実施、活動の継続的・安定的実施を目指して、地域学校協働本部へと発展させていくことが期待されます。

7

文部科学省 博士目指す学生への経済的支援を概算要求へ

今後、学生の状況を注視したい」と答弁。 詳細は、Q2-7-3を参照ください。 4月以降も申込みを随時受け付けており、急変後の所得(見込)で所得基準を判定するため、2019年度に申し込んで対象外となった人でも支援対象となる可能性があるという。

2

留学生受入れ促進プログラム(文部科学省外国人留学生学習奨励費)について

畑野氏は、全国大学生協連の調査で、困窮状態にもかかわらず国の支援策を受けていない学生が大勢残されているという結果も示し、重ねて学費半減と支援拡充を求めました。 東京大学の卓越研究員事業や、京都大学の白眉プロジェクトがモデルになる。 子どもたちの学びの保障では、加配教員や学習指導員などの大規模追加配置(人的体制の整備)に加え、すべての小中高等学校等に対する学校再開支援経費(物的体制の整備)を支援する。

27

困窮学生 支援拡充を/畑野議員が学費半額など要求/衆院文科委

奨学金を受けるには成績面の条件を満たす必要が必要なため、担当者は「ある一定の成績はあると認識しています」「留学生だけ成績で『足切り』するようなものではありません」と説明した。 担当者は「日本人学生と比べ、外国人留学生は仕送りなどが難しい場合もあり、ビザの関係で就労が28時間以内のみなど制限もあります」と、留学生に厳しい状況があることも踏まえた上で、各校内での調整になるとした。 《奥山直美》. 発表によると、対象は大学生や大学院生、留学生、短期大学生、専門学校生、日本語学校生ら。