今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史

サビーヌ遠征(1806年)• その後、16世紀頃からスペイン、イギリス、フランスなどの国が競うようにアメリカを開拓していきますが、植民地の中心はニューヨークなどを中心とする東海岸でした。 またインディアンの戦士団を白人は「司令官が統率する軍団」だと勘違いしていた。

18

七年戦争とフレンチインディアン戦争?英仏の植民地戦争を対応させる必殺覚え方!

ケイジャンとは、フランス語のアカディアンがカディアンとなり、そしてケイジャンとなったものである。

22

「カナダの歴史」重要な出来事、移民たちの文化、先住民との関わり

アメリカ合衆国は当初、イギリス側に付いて戦ったインディアンを、土地を失った被征服民として扱った。 後に太平洋探険で名を馳せるキャプテン・クックその人である。 彼はその時に目の当たりにした広大な新大陸を「ノヴァ・ガリア(ヌーベルフランス。

17

今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史

文章も堅苦しくなく、気軽に読める一冊です。 デュケーヌ総督は、同じ時期に、サン=ピエールを解任し、 クロード=ピエール・ペコーディ・ド・コントルクール ()の指揮のもと500人の兵が、1754年のに南にあるヴェナンゴ砦を出発した。

フレンチ・インディアン戦争とは、七年戦争の中の一部の戦争なのか、七年戦争=フレ...

特に1765年にイギリス植民地へ施行された 印紙法は多くの反発を集めました。 その結果出た結論が、強制移住です。

19

アフリカ系アメリカ人の歴史2

住民の雄姿を聞いた他の地方の住民たちが集まり、寄せ集めの植民地軍は1万2000人にまで膨れ上がります。

21