都立駒込病院における新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)|東京都のプレスリリース

当該職員が発症した時刻が午後10時30分頃であったことから、所管保健所の指導を踏まえ、発症日の前日である8月27日以降の当該職員との接触者を調査したところ、接触のあった患者・職員は、現時点で把握している限り、同じ病棟の患者6名、看護師2名である。

(第1017報)都立駒込病院の通常診療再開について|東京都防災ホームページ

当該病棟以外の入院診療 制限している診療機能• 残りの職員14名の検査結果は、明日以降判明する予定• 所管保健所の指導や感染の発生状況等を踏まえ、陽性が判明した患者等と接触があった職員85名を自宅待機とした。

9

都立駒込病院で院内感染か 入院患者ら5人を確認

新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れている東京都立駒込病院(文京区、一般785床、感染症30床)で、看護師がPCR検査で「陽性」となるケースが相次いでいる。 それによって重症化する人が減り、あるいは亡くなる人が減り、最終的には命を選別することもなくなる。

15

新型コロナウイルス“第三波” 迫られる“命の選択”

4月3日は登院したが、上司の指示により診療は行わず帰宅し、自宅で経過観察。

20

東京都立駒込病院の医師ら3人がコロナ「陽性」に~職員ら87人に「PCR検査行う」

同じ病棟に勤務する別の看護師が1日に「陽性」となっていたが、勤務状況などを調査した結果、この2人は「関連がない」としている。

11

都立駒込病院における新型コロナウイルス感染者の発生について|東京都のプレスリリース

症状が継続したため4月6日に当院を受診し、PCR検査を行い、4月7日に陽性が判明した。 高齢者やその家族は重い選択を迫られています。

8

都立駒込病院に勤務する職員の新型コロナウイルス感染について|東京都のプレスリリース

・当該病棟及び透析室、休憩室等は、日々消毒を実施している。