『世界最終戦論』

陛下の軍隊を私するな。

図書カード:最終戦争論

軍事的見地から言っても、恐らくこの二つの集団が準決勝に残るのではないかと私は考えます。

10

『世界最終戦論』

第一次欧州大戦以来、大国難を突破した国が逐次、自由主義から統制主義への社会的革命を実行した。 一般の空気は北支丈けで解決し得るだらうとの判断の様でしたが、然し私は上海に飛火する事は必ず不可避であると思ひ平常からさう言つて居たのでありました。

13

世界最終戦論とは

今日、日本とアメリカは睨み合いであります。 というのも、町は一枚岩で「居住区=城壁」、つまり「外敵からの防衛」を意図している。

20

百聞は一見に如かず:石原莞爾「世界最終戦論」

日本とシナの戦争は、互いが本当に連携するために必要な争いであり、それを乗りこえて精神力・道義力によって連携して東亜連盟が生まれる。 新しく統制に入るには、自由主義時代に行き過ぎた私益中心を抑えるために、最初は反動的に専制即ち強制を相当強く用いなければならないのは、やむを得ないことである。

石原莞爾

五戒を受けざれども正法を護るをもって乃ち大乗と名づく。 清水氏は 『日本真体制論』に次の如く述べている。

25

石原莞爾

憲政資料室. それをまとめて、自然というアリーナに放り込み、淘汰したのである。 昭和8年()• net 石原将軍を現代人で例えたら立川談志師匠みたいな人だったんじゃないか。 言われた側もその意見に従わざるを得ない不思議な気迫と雰囲気を持っていたという。