なよ竹のかぐや姫・生い立ち 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

車持皇子は玉の枝の偽物をわざわざ作ったがその報酬を支払われていない職人たちがやってきて偽物と発覚、長い年月姿が見えなかったことから「たまさがなる」 と言うようになった。 [現代語訳] さて、かぐや姫の容姿が極めて美しいことは、帝の耳にも入るようになり、帝は内侍(女性官僚)である中臣房子に、『多くの求婚者の男を破滅させてなお結婚を拒否しているかぐや姫とは、どれほど美しい女なのか。 これら地域は、上記に記されたような地名起源説などは無く、竹林の関係や天女伝説地、地名に「竹原」とある等の関係からであって物語発祥にこだわった団体ではない。

19

竹取物語~かぐや姫の昇天~

この何日もの間、はしに出てすわって、(月の都の父母に)今年だけはおひまをいただきたい、と申したのですが、いっこうに許されないことのために、このように嘆かわしく思っております。 帝は「ああ、はかなく消えてしまった。 帝の かぐや姫に寄せる想いは並みのものではありませんでした。

25

竹取物語『天の羽衣・かぐや姫の昇天』現代語訳(1)

「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。

2

なよ竹のかぐや姫 現代語訳・品詞分解・読み方

動作の主体であるかぐや姫を敬っている。 この子は、育てるにつれて、すくすくと大きく成長していく。 竹取が出てお使いに会い、とめどもなく泣く。

23

かぐや姫伝説と大和三山との関係が明らかに

好事家に渡つたらしく、紹介される見込は少ないが注目すべきものと思はれ、公開が望まれる」と述べられているのみで、本文などの情報は一切不明である。 今月の十五日には宮中の人々をおつかわしいただいて、月の都の人がやって来たならば、つかまえさせましょう。 」 と言っています。

22

竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

。 天の羽衣入れり。 」とじれったがりなさる。

12