2020年版「コクヨ総合カタログ(ステーショナリー編)(ファニチャー編)」を発行 |コクヨ株式会社のプレスリリース

破壊的技術は、投資することが最も重要な時期にはほとんど意味を持たないため、実績ある企業の慣習的な経営知識が参入や市場移動の障壁になるのは間違えないと思ってよい。

2020年版「コクヨ総合カタログ(ステーショナリー編)(ファニチャー編)」を発行 |コクヨ株式会社のプレスリリース

(昭和25年) - 初のコクヨ専門代理店が誕生。 事務用回転イス「バイオテックチェアー」を発売。

3

コクヨ

(昭和13年) - 「合名会社黒田国光堂」に改組。

29

3

赤字も結果的には心理的参入障壁となり得るようです。

14

Forestway

関連書籍 [ ]• ) 「イノベーションのジレンマ クレイトン・クリステンセン 玉田俊平太監修 伊豆原弓訳 翔泳社 2001年7月 p296~297」 ちなみに、「イノベーションのジレンマ」の巻末に・・・・ 本書では、ディスク・ドライブ、掘削機、鉄鋼、自動車の各業界における破壊的イノベーションについて述べている。

22

企業の防災グッズ・用品ソナエルWEB|コクヨ株式会社 ファニチャー事業本部

- 八尾工場跡地に建設した。 改定後の価格についてはWeb版カタログか、2020年版総合カタログ ステーショナリー編でご確認ください。

コクヨ

(昭和35年) - ファイリングキャビネットを発売。 コアを否定して、カタログ販売を始めるには、「強力な実証例」が必要だったのでした。 じゃ、お客さんの意見を聞くとするか・・・社長には報告しなくてよさそうだな。

27