松尾前要人外国訪問支援室長による公金横領疑惑に関する調査報告書

岡本行夫氏が、のうのうとテレビ番組に出演したり、恥知らずにも内閣参与という公職に就いている現実がある限り、『外務省改革』が進むはずはないと断言する。

29

国家のタブー「10億円の機密費横領」に挑んだ刑事たちの挽歌(清武 英利)

民放ワイドショーでも、「競走馬に愛人の名を付けた」などと大々的に報じられた。

10

外務省機密費事件は本当に個人のサギ事件だったのか|日刊ゲンダイDIGITAL

刑事役に初挑戦した飯豊は、「私が業界用語をまったく知らなくて、佐藤さんに教えてもらったりしています」とほほ笑ましいエピソードを披露。 外務省の汚職に関する情報を木崎に伝え、捜査を依頼する。

15

Special Feature!

捜査四課での実績が買われて捜査二課に異動してきた。

13

外務省機密費流用事件の真相や結末!黒幕(犯人)松尾克俊の現在は?【奇跡体験アンビリバボー】

詐取総額は13回の外遊で計約4億7900万円となった。 【公金蓄積の方法】 (10)今回の調査委員会による調査結果からは、松尾前室長が、如何なる方法によって、A銀行の口座に公金を不正に蓄積することができたのかという点について、確証をもって述べることは困難である。

8

WOWOWでドラマ化、「外務省機密費詐取事件」を暴いた刑事たち

警視庁• また刑確定後の松尾氏は、自宅マンションなどの所有財産は殆ど売り払い、約2億7000万円を国に返還したという情報もありました。

27