中国のSF小説「三体」が面白かった感想レビュー

自らの作品や中国のSFについて語る劉慈欣氏=2019年6月25日、北京、延与光貞撮影 出典: 朝日新聞社 オバマ氏やザッカーバーグ氏もファン 1963年、山西省生まれた劉慈欣はもともとエンジニアで、1999年、中国のSF雑誌『科幻世界』でデビューしました。

10

「ゲーム・オブ・スローンズ」クリエイター、中国SF「三体」シリーズを実写ドラマ化 : 映画ニュース

私個人的にいいなと思ったのは、「人類への失望」をうまく利用しているところです。 一九六六年初頭に結成され、大検閲も大串聯も経験してきた彼ら紅色聯合に比べれば、敵側の四・二八兵団に属する兵士たち二百余名ははるかに未熟だ。

中国のSF小説「三体」が面白かった感想レビュー

互いにあいさつする時も、「三体地球組織からのお願いです…」「ごめん。 オススメです。

中国のSF小説「三体」が大ヒット その「妄想力」がとにかく凄い

「科学フロンティア」のあやしい動き。 日本の読者たちが今読んでいるのはまだ「三体」の第一部のみ。

『三体2 黒暗森林』上下巻で6月発売 世界的大ヒット長編SFの第2部

脚本と製作総指揮を務めるベニオフとワイスは声明で、「劉慈欣の3部作は私たちが読んだなかで最も野心的なSFシリーズで、1960年代から時の終りまで、地球での生活から遠く離れた宇宙の果てまで読者を連れて行ってくれます。

7

中国のSF小説「三体」が面白かった感想レビュー

まとめ 読み応え抜群な『三体』ですが、まだ三部作の一作目。 2019年にNetflixとオーバーオール契約を締結しているベニオフとワイスは、「ザ・テラー」のアレクサンダー・ウーとともに、実写ドラマ版「三体」の脚本執筆と制作総指揮を手がけることになる。

【書評】三体の続編だ! 前作を遥かに凌ぐ「俺の考える最高のSF」感が満載で面白いったらありゃしない 『三体Ⅱ 黒暗森林』|前田英毅|note

人類に絶望した天体物理学者が宇宙に向けて発信したメッセージが、3つの太陽を持つ異星文明・三体世界に届いたことから壮大な物語に展開する。 本作には物語全体に三体問題そのものや、3が関係するもの(人物関係や組織の対立構造など)が象徴的に出てきます。

9

『三体』の難しさ、魅力を徹底解説!それでも読んだら面白い!【ネタバレ注意】

今後数年間かけて、本作を世界中の視聴者に届けることをとても楽しみにしています」と意欲を語っている。

23