百万町歩開墾計画をわかりやすく。三世一身の法との関係も。

(期の派歴史家が提唱しただけに過ぎない、という見方もできる)。 政権の原則と矛盾した法律であっても墾田永年私財法を出さざるを得なかったということで当時の政権が経済面などで相当窮迫していたのだろうなと推測できるような気もします。 743年 墾田永年私財法 そこで、743年、 土地の無期限私有を許可する 墾田永年私財法 こんでんえいねんしざいほう が制定される。

30

口分田の不足! 三世一身の法・墾田永世私有令とは?

続きは、また別の機会に譲ります。 いずれにせよ、この計画を遂行するため、三世一身法が施行されたと考えられている。

15

【高僧・行基】禁教も「三世一身の法」で復活(1/3ページ)

[ — ] 現存するの田令 [ ]には、農地開墾に関する規定がない。

22

口分田の不足! 三世一身の法・墾田永世私有令とは?

どうです?その農地をウチに寄進してウチの小作人になりませんか?国の税率よりも安くしますよ。 しかし、荒れた土地を開墾するのは 大変な労力と時間がかかったために、 朝廷が思うよりも土地の開墾は進みませんでした。

Wikizero

702年 大宝律令 公地公民制の実現を象徴するのは、702年施行のだ。 という訳です。

墾田永年私財法

租税回避を目的とした結果であるとはいえ、実際に地方に在住している武士たちが開墾した土地の所有者は、名義の上では大貴族のものとなりました。 つまり耕したら耕した分だけ自分のものにできるというわけです。 しかし、朝廷自らが公地公民制を放棄した事になり、以降、貴族や寺社の私有地は増加していった。

6

4月17日 <「三世一身法」制定(723年=養老7)>

こうして、貴族や大きな寺は、財力にまかせて開墾し、どんどん私有地を広げていきました。

27