フットサル川崎

原作終了後の黒板漫画では、スタメンの座を目指し練習に励んでいた。 原作では姓のみ明らかになっており、氏名はアニメより。 良く言えば平等にチャンスがあるといったところでしょうか。

フットサル川崎

前年度のインターハイの時点でベンチ入りを果たしている。

23

川崎市:令和2年度川崎市風しん対策事業

一眼レフのボケ感を利用しつつ。 後に和解は成立したものの、 山下智久さんは、この一件により器物損壊容疑で書類送検されています。 アニメでは練習試合で流川とマッチアップした際、「1年のくせにエースなんだって?」と発言し、また湘北が海南に接戦だったと聞いた時には「今年の海南は大したことない」と発言。

26

古田古

海南戦で赤木が負傷した際には、彼を心底心配していた。 眼鏡をかけている。 カブ2台を少し離れたところに並べて撮った。

長谷川瞳

抗体検査と予防接種を実施する年度が異なっても、助成を受けることができます。 WもRも先発投手の力投が冴える。 秋季大会はいよいよ大詰め、最終日は川少連単独出場をかけた決定戦花フラVSリトグリ、ジュニアの部の決勝、同じく本大会の決勝戦があった。

11

川崎市:令和2年度川崎市風しん対策事業

三浦台戦では、スタメン出場したが、リョータと三井のバスケ部への復帰や花道の成長により、その後は控え選手となるが、翔陽戦では最後に退場した花道の代役で身長差のある相手に2点差を守りきる。