『グルーヴ感が良い』とは?

グルーヴィな音楽をどう生み出すか、あるいはどのように身体を動かしたくなる音楽を現場で活用するか。 と言えます。

28

グルーヴボックスでビートを楽しむ

グルーヴの研究はその解決の糸口になりえますし、現場のみなさんとコラボレーションしたグルーヴの知見が今後も期待されます。 ちょうどPO-33という機種が発売されたころです。 また、英単語の「Beat」は続けざまに打つ、叩くといった意味もあるため、ドラムなどの打楽器が奏でるリズムのことを「ビート」という言葉で表すことも多いかと思います。

4

グルーヴとは何か?グルーヴ感のある演奏とは? : OTO

なぜならデジタルでは「タイミングが常にあっている」 ために無機質にならざるを得ないからです。

グルーヴとは何か?グルーヴ感のある演奏とは? : OTO

もちろん、自分の手足のようになるよう楽器を練習することが大事です。

18

グルーヴ・ビート感を出すためには

でも、グルーヴボックス入門機としては非常に完成度が高い機種だと思います。

5

グルーヴビートの血統表

スティーリー・ダン など、現代音楽史に貢献してきたスター達がずらりと並びます。 おなじ スネアを タン タン タン タン とたたくにしても、 または ベースで 8ビートで AAAA AAAA とひくにしても、 ここの音一個一個で タイミング、音量、音色に 違いがでます。 例えば、 [Martin Denny] - Fire cracker 民族音楽をモチーフとしたこの曲の揺らいだリズム。

2

ドラムのグルーヴ~ビートはジャストが基本です!

ミエルドール 表中の馬の評価法については、以下の記事を参考にしてください。