若山牧水 白鳥は・・の訳について

大伴家持 おおとものやかもち について詳しくお知りになりたい方は水垣さまのをご参照ください。 白き鳥よ、あなたは何と哀切なことか、空はこんなに青く、海はあんなに青いのに、空からも海からも離れ、ひとり孤独に漂っていることか。

12

教科書の和歌 万葉集より中学高校教材収録作品 現代語訳と解説

「瓶にさす藤の花ぶさ」となっています。 その心の風景を歌にした。

26

これらの意味を教えてくれませんか??

「そを」の「そ」は「それ」に当たる文語(古語)です。 ここでは、風雅な人びとが日ごと、夜ごとに集うサロンのようなものも催されており、いかにも優雅で閑雅なイメージをもつものが、佐保という場所である。

5

アンケートの集計結果

全部で二十巻あり、十七巻から十九巻には大伴家持の歌が多く、私家集の様相を呈しています。

14

独りで思い悩むとは本当のところどんな意味?万葉集の大伴家持の歌から考えた

すると、これはあたりまえの何でもない情景を詠っているということになります。 悽惆 《せいちう》の意、歌に非 《あら》ずば、撥 《はら》ひ難し。 『万葉集』には、相手に呼びかけるための歌や、自らの主張や思いを高らかに歌い上げる歌が多いですが、この歌はあくまでも自分の物悲しさに焦点が当てられ、 内省的な印象です。

23

山田みち子の万葉100選

藤原氏出身の光明皇后(聖武天皇の妻)とその娘の孝謙天皇にあやかって、親戚である藤原仲麻呂が実権を握り、牛耳っている状態であり、家持は、それをこの歌で嘆いているのでは、という解釈でした。

教科書の和歌 万葉集より中学高校教材収録作品 現代語訳と解説

A ベストアンサー >「瓶にさす藤の花ぶさみじかければ たたみの上にとどかざりけり」 俳句というのは、元々、これだけで文学作品としては自立せず、状況説明などが必要になります。 家持の「春愁絶唱」と言われる。

24