明治六年政変

赤松政則は政元の決起直後、先の六角征伐に積極的に協力し義材と親密な関係にあったことから、「政元ではなく義材に味方するのではないか」と囁かれていた。

細川氏がとして与えられていたのは下の字であり、阿波細川氏はもとより、京兆家の当主ですらこれまで「義」の字を名乗ることは許されていなかったのであるから、これは異例の殊遇であった。

28

応地利明

小西行長・寺沢正成・景轍玄蘇らは冊封正使・副使に礼を行ない、明皇帝が秀吉にもたらした金印と誥命に拝礼した。 嘉祥公主 - 母は麗妃劉氏。

26

応仁・文明の乱か、明応の政変か。戦国時代の始まりはいつ?

だが、政則は政元の挙兵前に彼の姉と結婚していたため、緊密な関係を構築していた。

19

明応

1329-1331(大覚寺統)、1329-1332(持明院統) 大覚寺統• 1804-1818• 976-978• 『足利義稙 -戦国に生きた不屈の大将軍-』 戎光祥出版〈中世武士選書33〉、2016年。

1

高橋応明

683. 出生 [ ]• 1748-1751• 古代インドの政治論書・の都城論を引用して、ヒンドゥー世界における都城の理念・形態を中国やイスラーム世界と比較考察することでその特色を浮き彫りにした。 乱が長期化した原因が、義尚か義視かという将軍家家督争いだったことを考えれば、将軍家にとって応仁の乱はむなしい戦いだったことになります。

13