邪魔 歌詞「syudou feat. 初音ミク」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

感動しました。 胸の奥に... 燃え上がる花は咲き乱れ 夜の果てに 散った... 』 通い始めた《坂道 みち 》まだ肌寒い《潮風 かぜ 》 揺らした《後髪 かみ 》が あなたの《頭 おでこ 》を撫でる 掛替 かけが えのない 温もり背中に 感じながら…… 遠ざかる笑顔に手を振りながら 誰もが今日を生きる もう泣かないわ また春が 来る…… 通い慣れた《坂道 みち 》 微笑むような《木洩れ陽 ひざし 》 地栗鼠 じりす と《戯れる あそぶ 》 あなたの《頭 おつむ 》を撫でる 掛替 かけが えのない 温もり手の平に 感じながら…… 失った隙間を埋め合いながら 誰もが明日を生きる それでも変わらない 愛を求め…… ah... さよならも言えず残された... 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 Aren't you severe with yourself because one of your old memories still 言えなかった言の葉. リメイク版の歌詞もほしい -- 名無しさん 2015-04-17 10:09:13• また連勝! 半端モンは結構get out 手が出るようじゃ劣等 get out 私が合歓これがマスターピース 強さは言霊に宿すのよ All light 乙女たち3人 右へ左へ さあ堂々進め 我々がルール革命のショー 最後に笑うのは乙女 西へ東へ さあ頂上目指せ 我々がルール革命のショー もっと試したい 己 We are 中央区 マイク片手にわからす忠告 まずは感想から もうReolさんってだけで嬉しいです! ヒビカセでタッグを組んだお二人ですね! 人気のあるReolさんとボカロPのギガ氏のコラボは必見です Reolさん曰く後半がオススメとの事なのでフルで聴けるのが楽しみです! 一番から分かる考察 1. It's been a long time since the last time I saw you. いい曲です! まぶしすぎる陽だまりから 呼び起こされる思い出が あまりにも 美しく 記憶の中私に似た 子供を見てこう呟くの 「いつまでも あればいいのに」 ああ、目が覚めたら ああ、君の「おはよう」 なんてこともない、いつもの声で 聞こえたらいいのに 君と私の中にたったひとつ 変わらない愛があるのなら 捧げましょう 私の全てを 言の葉よりも確かな想い この胸の中で繰り返すの もう一度だけ ただ一度だけ 君の笑顔に会えたら ああ、この世界で こぼれ落ちた思い出から 溢れ出して問いかけてみる いつまでも繰り返し はち切れそうな胸の奥で 消えてゆく形あるもの 「いつまでも あればいいのに」 そうあの時には、もう戻れないのは わかっていても目の前の視界 あまりにも 鮮明で 君の優しさの1つ1つを 神様がきっと見てるから 空はきっと晴れるはずだから 増えた口数と反対に 涙に溢れた君を見て 何度だって 祈り続けるよ あの日をやり直せたら ああ、もう一度だけ 終わってしまった日々を 無邪気に笑うあの日々をみんな 望んでいる 本当はきっと戻らないことを わかってまた歩きつづける 君と私の中に、たったひとつ 変わらない愛があるのなら それだけで、それだけでいい 君と私の中 数え切れない ありきたりで平凡なストーリーが どうしてだろう、こんなにも切ないよ 言の葉よりも確かな想い この胸のなかで震えている いつまでも温かいもの 私の道歩いてく ああ、この世界で. うぇー 」CV:結良まり 「 笑 」CV:市川裕之 だが、これなら苦くない《最新の医薬品ッ アスピリン 》! 《あの時の魔法のお薬 アスピリン 》? Yes! 言 ことノ 葉 は 唯 ただ 唯 ただ 想 おもふ 程 ほど 遠 とおざかる 影模様 かげもように 響 ひびき 渡 わたる 蝉時雨 せみしぐれ 詩 うたへば 恋 こい 止 とめ 処 どなく 溢 あふる 咲 さくのは 花 はな 夢幻 ゆめまぼろし それは それは 時 ときの 彼方 かなたへ 淡 あわく 淡 あわく 尚 なお 儚 はかなく やかて やがて 泡沫 うたかたと 消 きえて 行 ゆくだろう 言 ことノ 葉 は 唯 ただ 唯 ただ 一人 ひとりきり 浮 うかべては 繰 くり 返 かえして 欠片 かけらを 探 さがして それでも 唯 ただ 唯 ただ 想 おもふ 程 ほど 遠 とおざかる 影模様 かげもように 響 ひびき 渡 わたる 蝉時雨 せみしぐれ 綴 つづれは 恋 こい 止 とめ 処 どなく 溢 あふる 望 のぞむは 天 あま 梅雨空雲 つゆそらくも それは それは 凪 なぎの 水面 みなもに 清 さやか 清 さやか 未 まだ 消 きえずに 刹那 せつな 刹那 せつな 心 こころを 締 しめ 付 つけ 続 つづける 言 ことノ 葉 は 唯 ただ 唯 ただ 一人 ひとりきり 奏 かなでては 風 かぜに 乗 のせて 空 そらへと 還 かえして それでも 唯 ただ 唯 ただ 紫陽花 あじさいは 雨道 あまみちに 慈 いつくしみの 色湛 いろたたえて 咲 さき 誇 ほこる 不意 ふいに 耳掠 みみかすめた 声 こえに 足 あしを 止 とめて 振 ふり 返 かれど… 言 ことノ 葉 は 唯 ただ 唯 ただ 一人 ひとりきり 浮 うかべては 繰 くり 返 かえして 欠片 かけらを 探 さがして それでも 唯 ただ 唯 ただ 想 おもふ 程 ほど 遠 とおざかる 影模様 かげもように 響 ひびき 渡 わたる 蝉時雨 せみしぐれ 言 koto ノ no 葉 ha 唯 tada 唯 tada 想 omo ふ fu 程 hodo 遠 too ざかる zakaru 影模様 kagemoyou に ni 響 hibi き ki 渡 wata る ru 蝉時雨 semishigure 詩 uta へば heba 恋 koi 止 to め me 処 do なく naku 溢 afu る ru 咲 sa くのは kunoha 花 hana 夢幻 yumemaboroshi それは soreha それは soreha 時 toki の no 彼方 kanata へ he 淡 awa く ku 淡 awa く ku 尚 nao 儚 hakana く ku やかて yakate やがて yagate 泡沫 utakata と to 消 ki えて ete 行 yu くだろう kudarou 言 koto ノ no 葉 ha 唯 tada 唯 tada 一人 hitori きり kiri 浮 u かべては kabeteha 繰 ku り ri 返 kae して shite 欠片 kakera を wo 探 saga して shite それでも soredemo 唯 tada 唯 tada 想 omo ふ fu 程 hodo 遠 too ざかる zakaru 影模様 kagemoyou に ni 響 hibi き ki 渡 wata る ru 蝉時雨 semishigure 綴 tsudu れは reha 恋 koi 止 to め me 処 do なく naku 溢 afu る ru 望 nozo むは muha 天 ama 梅雨空雲 tsuyusorakumo それは soreha それは soreha 凪 nagi の no 水面 minamo に ni 清 saya か ka 清 saya か ka 未 ma だ da 消 ki えずに ezuni 刹那 setsuna 刹那 setsuna 心 kokoro を wo 締 shi め me 付 tsu け ke 続 tsudu ける keru 言 koto ノ no 葉 ha 唯 tada 唯 tada 一人 hitori きり kiri 奏 kana でては deteha 風 kaze に ni 乗 no せて sete 空 sora へと heto 還 kae して shite それでも soredemo 唯 tada 唯 tada 紫陽花 ajisai は ha 雨道 amamichi に ni 慈 itsuku しみの shimino 色湛 irotata えて ete 咲 sa き ki 誇 hoko る ru 不意 fui に ni 耳掠 mimikasu めた meta 声 koe に ni 足 ashi を wo 止 to めて mete 振 fu り ri 返 ka れど redo… 言 koto ノ no 葉 ha 唯 tada 唯 tada 一人 hitori きり kiri 浮 u かべては kabeteha 繰 ku り ri 返 kae して shite 欠片 kakera を wo 探 saga して shite それでも soredemo 唯 tada 唯 tada 想 omo ふ fu 程 hodo 遠 too ざかる zakaru 影模様 kagemoyou に ni 響 hibi き ki 渡 wata る ru 蝉時雨 semishigure. 明日体育祭なのに目がお岩さん状態w -- 櫻宮 2016-09-12 21:06:33• 茅原実里 言の葉 作詞:茅原実里 作曲:菊池大介 Elements Garden 溶け合う光が踊る世界 愛する旅 あなたに届けたくて 泣きながら踏み出した一歩には さり気なく背中を押してくれた 優しい声 繋がる言の葉 今もここに生きている いつだって忘れない 夏の夜空 彩る華 見つめて誓った約束を 分け合う心は羽を癒やす 夢見るたび あなたに唄いたくて 太陽の女神が微笑んだら どんな悲しみも愛に帰る ここにいるよ 変わらぬ想いが 照らし導いてくれた 大丈夫、負けないよ その笑顔が力になる もっと沢山の歌詞は あなたが私の誇りなの まばゆい記憶が あたらしい明日を 運んでくれるよ かけがえのない 絆が生まれる 繋いだ言の葉 いつもここに生きている 優しさが優しさを結びながら… みんなの願いを 照らし導いていくから 大丈夫、負けないで その笑顔が力になる あなたが私の誇りなの 誇りなの いつでもそばに… そばにいるから… 輝いて 輝いて. The unknown lady who was among the "Lost". そばにいるから... 「気安く呼んでんなよ 無花果」 天谷奴零の「クリムゾンレッドのLipsとチッキン」などに対してのアンサーとなってます 乱数の「甘くて苦いファム・ファタール Femme Fatale だ」は運命の女神ですが それと同時に「男性を破滅へと導く魔性の女性」でもあります 2. 』 「先生ー!お手紙が来てまーす! …むむ?差出人は女性? 先生!これは一体どういうご関係のっ…いったぁ!」 CV:結良まり 「おいおい、気をつけなさい」 「っ…」CV:結良まり 「あーっ!」CV:市川裕之 「あっ!…うふふ、ふふふ」CV:結良まり Dear John, I hope this letter finds you safe and well. 唯 ただ... -- 生きるのが辛くなった人 2015-01-26 22:20:50• And the ominous steps of world war come so near. 本当に素晴らしい曲。

13

Femme Fatale パート分け歌詞:しろのブロマガ

I guess you'll be very surprised to get this letter. 歌:中王区 言の葉党 東方天 乙統女、勘解由小路 無花果、碧棺 合歓 全員 : We are 中王区 マイク片手にわからす忠告 We are 中王区 check it out We are 言の葉党 乙統女 : さぁ堂々とお通りです 音と言葉を侍らす [全]そこ退け [ 乙]男ども さながらモーゼ こちら東方天 乙統女の意のままに進むOK サービスにつけるハンディ ご覧遊ばせ これが私のマニフェストばり 頭が高いですね 敵にもならない 無花果 : 噛み付く能無しいらないビーフ 気安く呼んでんなよ [ 乙・ 合]無花果 Bad Queensの罠にハマれ 上がるしかない [全]支持率 Lipsから押韻まで固め ほらTopしか似合わんこの運命 足りん脳で覚えとけよ名前 [全]「勘解由小路」[ 無]上げろ狼煙おそろし 合歓 : shut up,shut up そんなんじゃだめ 生ぬるい借り物の言葉じゃトベないでしょ 碧棺に葬る身内にもR. その様を... 君が遠くへ行ってしまって あれから一度も 涙は流していないよ? でも あれから一度も 涙は流していないよ? でも あれから一度も 心から笑うことも 無くなった。

29

SAKURA 言の葉 歌詞&動画視聴

励まされました!伸びろ〜 -- にゃんしー 2016-08-23 10:59:01• ワタシは【彼女】のad921d60486366258809553a3db49a4aを【否定】してみた… さて。

秦基博 言ノ葉 歌詞

もっと評価されるべき! -- 不登校児A 2015-12-13 19:42:30• 「Now on sale」 それからの私は 先生の《突貫診療所 もと 》へ 通う内に 身の回りの お世話を始めた…… ゆらゆら揺らめく 《経営的判断に基づく取捨選択 ビジネス 》と 《社会的地位に絡む柵 ステータス 》と 《私的生活領域に及ぶ犠牲度合い プライベート 》 目の前の《理想だけでは救えない事が多い生命 いのち 》の天秤 「何の為に この道を選んだ?」 嵐の夜に そう問われた気がした…… 「もう一度信じてみよう」CV:市川裕之 嗚呼... 溶け合う光が踊る世界 愛する旅 あなたに届けたくて 泣きながら踏み出した一歩には さり気なく背中を押してくれた 優しい声 繋がる言の葉 今もここに生きている いつだって忘れない 夏の夜空 彩る華 見つめて誓った約束を 分け合う心は羽を癒やす 夢見るたび あなたに唄いたくて 太陽の女神が微笑んだら どんな悲しみも愛に帰る ここにいるよ 変わらぬ想いが 照らし導いてくれた 大丈夫、負けないよ その笑顔が力になる あなたが私の誇りなの まばゆい記憶が 新しい明日を 運んでくれるよ かけがえのない 絆が生まれる 繋いだ言の葉 いつもここに生きている 優しさが優しさを結びながら… みんなの願いを 照らし導いていくから 大丈夫、負けないで その笑顔が力になる あなたが私の誇りなの 誇りなの いつでもそばに... 長い 永い夜... -- 葛那 2013-10-20 13:24:50• 沼倉愛美さん『言の葉』の歌詞 コトノハ words by シノザキアヤト music by シノザキアヤト Performed by ヌマクラマナミ.。 重い荷物なのでしょうか? 「好き」 その一言が言い出せず閉じた... 哀しみを... 男性たちに対するそれぞれのアンサー 帝統「最後に笑うのは誰? 泣けるいい歌だ! -- Rabbit 2016-02-20 19:35:29• -- ヘタレっ子 2013-06-16 20:46:09• I know very well that you have a strong sense of justice and you're gentle, so I surely believe everybody who lives on the island must be relying on you. 言の葉 作詞 茅原実里 作曲 菊田大介 Elements Garden 唄 茅原実里 溶け合う光が踊る世界 愛する旅 あなたに届けたくて 泣きながら踏み出した一歩には さり気なく背中を押してくれた 優しい声 繋がる言の葉 今もここに生きている いつだって忘れない 夏の夜空 彩る華 見つめて誓った約束を 分け合う心は羽を癒やす 夢見るたび あなたに唄いたくて 太陽の女神が微笑んだら どんな悲しみも愛に帰る ここにいるよ 変わらぬ想いが 照らし導いてくれた 大丈夫、負けないよ その笑顔が力になる あなたが私の誇りなの まばゆい記憶が 新しい明日を 運んでくれるよ かけがえのない 絆が生まれる 繋いだ言の葉 いつもここに生きている 優しさが優しさを結びながら… みんなの願いを 照らし導いていくから 大丈夫、負けないで その笑顔が力になる あなたが私の誇りなの 誇りなの いつでもそばに... P また連勝!半端モンは結構 get out 手が出るようじゃ劣等 get out わたしが合歓 これがマスターピース 強さは言霊に宿すのよAll right 全員 : 右へ左へさぁ堂々進め 我々がルール 革命の章 乙統女 :最後に笑うのは [全]乙女 全員 : 西へ東へさぁ頂上目指せ 我々がルール 革命の章 無花果 :もっと試したい [全]己 全員 : We are 中王区 マイク片手にわからす忠告 We are 中王区 check it out… [ 乙]5,[ 合]4, [ 乙 ]3,[ 合]2, [ 乙 ]1 [全]Bang! 無花果 : hear my 示すのよ1verse 限界だ、蔓延るbogus あげてくレイヤー クソ平坦な展開の 現在に目眩 起きろやwake up 乙統女 : hands up! hands up! 今から即お見舞いする連射 合歓 : ほら今日から 定番で鉄板 とりまとめるビート上からオールディビジョン 乙統女 :決めるターゲット 無花果 :お次はだあれ? 合歓 :ヒプノシスくらくらさせてく [全]言の葉アンセム 乙統女 :切り開く [ 無]未開拓 [ 合]乗りこなす [全]グルーヴ 乙統女 :「お手本」の二人におまかせ 合歓 : ライミングフロウ 磨く苦労 知らん素人 真似事Back home 無花果 :躾の行き届いたこのメロ 乙統女・ 合歓 隙の無さが売りです さあReady go 全員 : 右へ左へさぁ堂々進め 我々がルール 革命の章 乙統女 :最後に笑うのは [全]乙女 全員 : 西へ東へさぁ頂上目指せ 我々がルール 革命の章 合歓 :もっと試したい [全]己を 全員 応答せよ 応答せよ [ 乙]そう満たす生き様の情報戦 全員 応答せよ [ 無]三人寄ればたちまち姦しい攻防戦 全員 掃討せよ [ 合]言葉の弾丸 左脳を切り刻め 合歓 :ah yeah ah yeah 任せな [全]革命の時間だ! 全員 : We are 中王区 マイク片手にわからす忠告 We are 中王区 check it out We are 言の葉党 全員 : come on We are 中王区 ペン走らす とっくに中毒 We are 中王区 check it out We are 言の葉党 乙統女 :血統書付きの技、ひとつ 合歓 :揃えば無双だし 無花果 :ほら見ろ他と違うテク 全員 : 我らの品格をご覧! check it out We are 言の葉党. 唇は貝のように…… 私の愛した人達はみな 私の前からいなくなった それでも私は この【第九の現実 せかい 】と 向き合うことから 逃げ出さないわ だから もう少しだけ 神様 《本当の勇気を得るまでの猶予 じかん 》をください…… 『The history of medical care is, in another words the history of war. ・・・。

17

言の葉 青葉 Wake Up,Girls! 歌詞情報

私には分かち合えない... 歪 いびつ な蒼 あお い貝殻のように……」CV:結良まり 哀しみは繰り返す 波の音色 ねいろ に似た調べで 優しい人達 流す涙 孤独の色に 寄り添えぬまま 「大丈夫かい?」 「しっかりな、ワシらがついとるから!」 「ああ、そうだそうだ!」 「大変だったね!困ったことがあったら、いつでも言って!」 「ああ、ゆっくり元気になればいいのよ」 乾く隙間を彼が舐めた 「やぁ、君も一人なのかい?」 獣にも似たギラつく眼で 「今日の波の音色は哀しみにとても似ている。 -- tomato 2013-07-24 21:25:50• 季節の中... 私は閉じていた... あらゆる地平に於いて多くの親がそうで在るようだが、其れらに輪を掛けて溺愛と呼ばれる状態に在った。

18

言の葉 青葉 Wake Up,Girls! 歌詞情報

。 I wrote you because I have something to tell you. I heard that now you live on the out island. 誰が見送った? 暑い熱い夜... 照 てらすは 闇 やみ 僕 ぼくらは 歩 あるき 慣 なれてきた 日々 ひびも 淘汰 とうた 夢 ゆめは 安泰 あんたいな 暮 くらしだが 刺激不足故 しげきぶそくゆえにタラタラ 照 てらすは 熄 やみ 僕 ぼくらの 歩 あるき 慣 なれていた 道 みちはどこだ 時 ときはたまに 癪 しゃくだが 温 ぬくもりに 包 つつまれ 只 ただ 炎 ほむらが 立 たつ 導 しるべの 方 ほうへ 思 おもい 出 だすは 優 やさしいメロディー 永遠 えいえんは 無 ないんだと 無 ないんだと 云 いフ それもまたイイねと 笑 わらってみる 輝 かがやけばいつかは 光 ひかりも 絶 たえる 僕 ぼくらは 命 いのちの 火 ひが 消 きえるその 日 ひまで 歩 あるいてゆく ところで 何故 なぜ 僕 ぼくらは 思考 しこうを 急 きゅうに 辞 やめているんだ 夢 ゆめは 安泰 あんたいな 暮 くらしだが 知識不足故 ちしきぶそくゆえにハラハラ 食 しょくせばYummy ヨスガに 縋 すがり 付 ついたまま 朽 くちて 行 いくんだ ここは 業火 ごうかの 中 なかだが 傷跡 きずあとがヒリつき 只 ただ 水面 みなもが 立 たつ 光 ひかりの 方 ほうへ 手 てを 取 とるは 新 あたらしいメモリー 夜空 よぞらが 分 わかつ 導 しるべの 方 ほうへ 遮 さえぎるは 堅苦 かたくるしいセオリー 永遠 えいえんは 無 ないんだと 無 ないんだと 云 いフ やっぱ 苦 くるしいねと 泣 ないてみる 風船 ふうせんもいつかは 萎 しぼむか 割 われる 僕 ぼくらは 命 いのちの 泉 いずみを 護 まもり 続 つづけて 繋 つないでゆく 学 まなびきれずに 卒業 そつぎょう 伝 つたえきれずに 失恋 しつれん 遊 あそびきれずに 決別 けつべつ 面倒臭 めんどうくさいが 地獄 じごくじゃあるまいし 音 おとが 出 でる 玩具 がんぐも 痛 いたみを 飛 とばす 魔法 まほうも 全部僕 ぜんぶぼくにとっての 宝物 たからもの 永遠 えいえんは 無 ないんだと 無 ないんだと 云 いフ 僕 ぼくらは 命 いのちの 火 ひが 消 きえるその 日 ひまで 歩 あるいてゆく 照 te らすは rasuha 闇 yami 僕 boku らは raha 歩 aru き ki 慣 na れてきた retekita 日々 hibi も mo 淘汰 touta 夢 yume は ha 安泰 antai な na 暮 ku らしだが rashidaga 刺激不足故 shigekibusokuyue に ni タラタラ taratara 照 te らすは rasuha 熄 ya み mi 僕 boku らの rano 歩 aru き ki 慣 na れていた reteita 道 michi はどこだ hadokoda 時 toki はたまに hatamani 癪 syaku だが daga 温 nuku もりに morini 包 tsutsu まれ mare 只 tada 炎 homura が ga 立 ta つ tsu 導 shirube の no 方 hou へ he 思 omo い i 出 da すは suha 優 yasa しい shii メロディ merodiー 永遠 eien は ha 無 na いんだと indato 無 na いんだと indato 云 i フ fu それもまた soremomata イイ ii ねと neto 笑 wara ってみる ttemiru 輝 kagaya けばいつかは kebaitsukaha 光 hikari も mo 絶 ta える eru 僕 boku らは raha 命 inochi の no 火 hi が ga 消 ki えるその erusono 日 hi まで made 歩 aru いてゆく iteyuku ところで tokorode 何故 naze 僕 boku らは raha 思考 shikou を wo 急 kyuu に ni 辞 ya めているんだ meteirunda 夢 yume は ha 安泰 antai な na 暮 ku らしだが rashidaga 知識不足故 chishikibusokuyue に ni ハラハラ harahara 食 syoku せば sebaYummy ヨスガ yosuga に ni 縋 suga り ri 付 tsu いたまま itamama 朽 ku ちて chite 行 i くんだ kunda ここは kokoha 業火 gouka の no 中 naka だが daga 傷跡 kizuato が ga ヒリ hiri つき tsuki 只 tada 水面 minamo が ga 立 ta つ tsu 光 hikari の no 方 hou へ he 手 te を wo 取 to るは ruha 新 atara しい shii メモリ memoriー 夜空 yozora が ga 分 wa かつ katsu 導 shirube の no 方 hou へ he 遮 saegi るは ruha 堅苦 katakuru しい shii セオリ seoriー 永遠 eien は ha 無 na いんだと indato 無 na いんだと indato 云 i フ fu やっぱ yappa 苦 kuru しいねと shiineto 泣 na いてみる itemiru 風船 fuusen もいつかは moitsukaha 萎 shibo むか muka 割 wa れる reru 僕 boku らは raha 命 inochi の no 泉 izumi を wo 護 mamo り ri 続 tsudu けて kete 繋 tsuna いでゆく ideyuku 学 mana びきれずに bikirezuni 卒業 sotsugyou 伝 tsuta えきれずに ekirezuni 失恋 shitsuren 遊 aso びきれずに bikirezuni 決別 ketsubetsu 面倒臭 mendoukusa いが iga 地獄 jigoku じゃあるまいし jaarumaishi 音 oto が ga 出 de る ru 玩具 gangu も mo 痛 ita みを miwo 飛 to ばす basu 魔法 mahou も mo 全部僕 zenbuboku にとっての nitotteno 宝物 takaramono 永遠 eien は ha 無 na いんだと indato 無 na いんだと indato 云 i フ fu 僕 boku らは raha 命 inochi の no 火 hi が ga 消 ki えるその erusono 日 hi まで made 歩 aru いてゆく iteyuku. 言 ことの 葉 はを 紡 つむいで 微睡 まどろんだ 泡沫 うたかた 旅人迷 たびびとまよいこむ 御伽 おとぎの 深 ふかい 霧 きり 差 さし 伸 のべた 掌 てのひら そっと 触 ふれる 予感 よかん 受 うけ 止 とめて 零 こぼれた 光 ひかりの 一滴 ひとしずく 面影虚 おもかげうつろって 微笑 ほほえんだ 幻 まぼろし 想 おもいの 果 はてる 場所 ばしょ まだ 遥 はるか 遠 とおくて 求 もとめ 探 さがして 彷徨 さまよって やがて 詠 うたわれて 幾千幾万幾億 いくせんいくまんいくおくの 旋律 せんりつとなる いつか 失 うしない 奪 うばわれて 消 きえる 運命 さだめでも それは 忘 わすれられる 事 ことなき 物語 ものがたり 指先 ゆびさきを 絡 からめて 触 ふれる 誰 だれかの 夢 ゆめ 刻 きざまれた 想 おもいの こだまだけが 響 ひびく 言 ことの 葉 はを 紡 つむいで 微睡 まどろんだ 泡沫 うたかた 旅人 たびびとの 名前 なまえを 御伽噺 おとぎばなしと 云 いう 求 もとめ 探 さがして 彷徨 さまよって やがて 道 みちとなり 幾千幾万幾億 いくせんいくまんいくおくの 英雄 えいゆうは 往 ゆく いつか 失 うしない 奪 うばわれて 消 きえる 運命 さだめでも それは 忘 わすれられることなく 此処 ここに 在 ある 求 もとめ 探 さがして 彷徨 さまよって やがて 詠 うたわれて 幾千幾万幾億 いくせんいくまんいくおくの 旋律 せんりつとなる いつか 失 うしない 奪 うばわれて 消 きえる 運命 さだめでも それは 忘 わすれられることなき 物語 ものがたり 言 koto の no 葉 ha を wo 紡 tsumu いで ide 微睡 madoro んだ nda 泡沫 utakata 旅人迷 tabibitomayo いこむ ikomu 御伽 otogi の no 深 fuka い i 霧 kiri 差 sa し shi 伸 no べた beta 掌 tenohira そっと sotto 触 fu れる reru 予感 yokan 受 u け ke 止 to めて mete 零 kobo れた reta 光 hikari の no 一滴 hitoshizuku 面影虚 omokageutsu ろって rotte 微笑 hohoe んだ nda 幻 maboroshi 想 omo いの ino 果 ha てる teru 場所 basyo まだ mada 遥 haru か ka 遠 too くて kute 求 moto め me 探 saga して shite 彷徨 samayo って tte やがて yagate 詠 uta われて warete 幾千幾万幾億 ikusenikumanikuoku の no 旋律 senritsu となる tonaru いつか itsuka 失 ushina い i 奪 uba われて warete 消 ki える eru 運命 sadame でも demo それは soreha 忘 wasu れられる rerareru 事 koto なき naki 物語 monogatari 指先 yubisaki を wo 絡 kara めて mete 触 fu れる reru 誰 dare かの kano 夢 yume 刻 kiza まれた mareta 想 omo いの ino こだまだけが kodamadakega 響 hibi く ku 言 koto の no 葉 ha を wo 紡 tsumu いで ide 微睡 madoro んだ nda 泡沫 utakata 旅人 tabibito の no 名前 namae を wo 御伽噺 otogibanashi と to 云 i う u 求 moto め me 探 saga して shite 彷徨 samayo って tte やがて yagate 道 michi となり tonari 幾千幾万幾億 ikusenikumanikuoku の no 英雄 eiyuu は ha 往 yu く ku いつか itsuka 失 ushina い i 奪 uba われて warete 消 ki える eru 運命 sadame でも demo それは soreha 忘 wasu れられることなく rerarerukotonaku 此処 koko に ni 在 a る ru 求 moto め me 探 saga して shite 彷徨 samayo って tte やがて yagate 詠 uta われて warete 幾千幾万幾億 ikusenikumanikuoku の no 旋律 senritsu となる tonaru いつか itsuka 失 ushina い i 奪 uba われて warete 消 ki える eru 運命 sadame でも demo それは soreha 忘 wasu れられることなき rerarerukotonaki 物語 monogatari. ワタシは『《第三の書庫》』から其の地平線に《意識と呼ばれるモノ》を接続した… 【彼女】には幼子が居た。 」 「どうぞ、よろしくたのんまっせ!」 柳 やなぎ の樹皮に解熱作用があるって 識 し っていたかい? 「ほらっ!」CV:市川裕之 「Yuck! 窓の外に広がってく 淡い虹の朝の雫 君を想えど 遠いかなたに 桜過ぎて緑もゆる 月日はまた通り過ぎる 君のいない日がまた始まる 浮かれ花火の 切ない夏の日 風の便りに 君も一人だと ききました ほんとうに解りあいたいと願うのに からまってばかりで さらら言の葉 涙と一緒にあのひとのもとへ まばゆいほど胸に浮かぶ 君の笑顔やさしい声 そのすべては 今は海の音 願えば願うほど 涙がぽろり 流るるため息 何も見えない 何も聞こえない 素直に好きと想う一途さだけじゃ 足りなくてもどかしい もっと君のために生きたかった にじんでく言の葉 空の青はくれる いつもと同じように 白い雲を抱いて 星々はこんでくる 一息に飲みほす 今日をきっと終わらせる 響くひびきわたる 澄んだ言の葉 素直に好きと想う一途さだけじゃ 足りなくてもどかしい もっと君のために生きたかった ほんとうに解りあいたいと願うのに からまってばかりで さらら言の葉 涙と一緒にあのひとのもとへ また声を聞けますか また話かけてくれますか そのすべては 今は海の蒼 すのすべてが 今は海の蒼. 君は今…何をしているかな? 「元気でいて…」と 君は小さく 僕に手を引かれながら言っていた… 夕焼け色の街は静かで まるで世界に二人だけ 取り残されたみたいで… 「またいつか…」って 口に出せば叶う気がした。

5

Femme Fatale パート分け歌詞:しろのブロマガ

8