世界のリーダー達の間でも共通認識:サイバー・セキュリティの重要性

上記は銘柄選定の視点を示したものであり、すべてを網羅するものではありません。 投資信託にかかる手数料等について 投資信託にご投資いただくお客さまには、銘柄ごとに設定された購入時手数料および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費等をご負担いただく場合があります。 ファンドの基準価額の推移は後記をご参照ください。

サイバーセキュリティ株式オープン(H無)

3つの要件をクリアした銘柄は、投資開始時には0. 各情報の定義、基準日等の詳細については、PC版画面のヘルプにてご確認いただけます。

12

先週の流入額上位-「サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)」など6ファンドが新規ランクイン

以前は、セキュリティというと警備会社や情報機器に関するウイルス対策ソフトの開発会社などが思い浮かび、成長のイメージが持ちづらかったのではないかと思われます。 一方、先々週トップであった「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」を始め、「グローバル・フィンテック株式ファンド(年2回決算型)」、「次世代通信関連 アジア株式戦略ファンド」(愛称:THE ASIA 5G)、「マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド」(愛称:スマレバ)、「USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド」、「次世代REITオープン<資産成長型>(為替ヘッジなし)」がランク外となった。

【テーマ投信】サイバーセキュリティ株式オープンは今後も上昇していくか!?

700%)をかけた額 その他の費用・手数料 監査費用、売買委託手数料、外国での資産の保有等に要する費用、その他事務処理にかかる諸費用等を信託財産からご負担いただきます。

16

サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし) ファンド オブ ザ イヤー 2019(Fund of the Year 2019)

取り組みは始まったばかりですが、スイス連邦工科大学は、アインシュタインも卒業した工学、科学の分野で世界でも有数の機関のひとつであり、彼らとの協業により「特定の企業分析において、工学的な見地から深遠なセカンドオピニオンを得ることができること」、「同大学からスピンオフして設立される、有望なベンチャー企業へ直接アクセスすることができること」が主要な優位性として挙げられます。

29

サイバーセキュリティ株式オープン(H有)

当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2018年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。

30

サイバーセキュリティ株式オープンの評価って?利回りや実質コストはどのくらい?

ファンドは、ファミリーファンド方式により運用を行います。

6