障害者総合支援法とは?サービス利用の流れや改正点などまとめ

・ 重度障害者等包括支援:最重度の障害(原則として障害支援区分が最重度の「6」であること)があり、常時の介護を必要としている方に対して、居宅介護や短期入所、生活介護など複数の介護サービスを組み合わせて提供します。

22

大阪市:障害者総合支援法 (…>障がいのある方へ>障害者総合支援法とは)

・ 精神通院医療:精神疾患(てんかんを含む)の人を対象に、精神科の通院医療にかかる医療費の自己負担を軽減するものです。 ただし、当該指定の取消しが、指定障害福祉サービス事業者の指定の取消しのうち当該指定の取消しの処分の理由となった事実及び当該事実の発生を防止するための当該指定障害福祉サービス事業者による業務管理体制の整備についての取組の状況その他の当該事実に関して当該指定障害福祉サービス事業者が有していた責任の程度を考慮して、この号本文に規定する指定の取消しに該当しないこととすることが相当であると認められるものとして厚生労働省令で定めるものに該当する場合を除く。

29

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害福祉サービス事業の設備及び運営に関する基準

aspx? 居宅訪問型児童発達支援の創設• )又は同法第30条第1項ただし書に規定するその他の適当な施設 (以下この項において 「その他の適当な施設」という。 市町村や都道府県に対して責務を与え、障害者が地域で生活しやすい社会にするため必要となる計画を作成させることも盛り込まれています。 以下この条において同じ。

17

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律|条文|法令リード

)、第42条 (指定障害者支援施設等の設置者及び指定相談支援事業者に係る部分に限る。 しかし、このときは新たな難病対策の結論が得られていないため、対象となる疾患は130疾患に限定されていました。

障害者総合支援法 条文

)並びに同法第77条第3項及び第78条第2項の改正規定、第4条中児童福祉法第24条の11第1項の改正規定並びに第10条の規定並びに次条並びに附則第37条及び第39条の規定 公布の日 三 第2条の規定 (障害者自立支援法目次の改正規定、同法第1条の改正規定、同法第2条第1項第1号の改正規定、同法第3条の改正規定、同法第4条第1項の改正規定、同法第2章第2節第3款中第31条の次に一条を加える改正規定、同法第42条第1項の改正規定、同法第77条第1項第1号の改正規定並びに同法第77条第3項及び第78条第2項の改正規定を除く。 第8項において同じ。

11

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害福祉サービス事業の設備及び運営に関する基準

障害者福祉サービスも原理は同様です。 )、第51条の5第1項に規定する地域相談支援給付決定 (次項において 「地域相談支援給付決定」という。 )又は同法第54条の2第1項に規定する指定地域密着型介護予防サービスの事業 (当該指定に係るサービス事業所において行うものに限る。

7

障害者総合支援法とは

2020年12月7日• )その他厚生労働省令で定める施設において行われる施設障害福祉サービス (施設入所支援及び厚生労働省令で定める障害福祉サービスをいう。