「アンサング・シンデレラ」石原さとみの超越権行為に猛非難!「全国の薬剤師の心を折った!」「患者家族にストーカー」「葵の御紋をかざす水戸黄門のつもり?」: J

ドラマならではの『アンサングシンデレラ』が見られること、一人の視聴者として楽しみにしています!」と期待を寄せている。

8

競演ぶりより気になる?石原さとみ&西野七瀬、薬剤師役ドラマのマスク問題

「医者は無理そうだけど、薬剤師なら自分でもできそうだし、医者ほど責任は生じないだろう」という消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、時に医師とぶつかりながらも患者のために懸命に働く姿みどりを近くで見るうちに、仕事に対する意識が変わっていく。 白衣だと医師や看護師と見分けがつかなくなってしまうのでデザインの違いを意識しました。

21

『アンサング・シンデレラ』石原さとみ&薬剤師は本当に“出しゃばりすぎ”なのか?

その際、新人薬剤師に「新薬が出たら、匂いと味を確認するのは当然でしょ?」と言い放つ。

16

石原さとみ『アンサング・シンデレラ』“自虐のセリフ”に視聴者アゼン…

荒神寛治 役- でんでん (萬津総合病院薬剤のDI室責任者)• 薬剤師全員で野球とか、その日の薬剤課は大丈夫? もう真剣なのか、ふざけているのかわからない薬剤師。 だからこそ演技に振り幅も生まれると思うし、彼女の表現が私は大好きです。

12

知らない薬を舐めて大丈夫……? 薬剤師ドラマ・石原さとみ「アンサング・シンデレラ」は“どこまでリアル”なのか

病院で働く葵みどりは、大学6年間を勉強に勤しみ希望する総合病院に就職するも、医師に罵倒され、患者からも必要とされず「薬剤師っていらなくない?」と薬剤師の必要性に疑問を抱く日々を送ります。 機能的でスタイリッシュながらも、どこかかわいさもあり、自然に身にまとうことができています。

15

石原さとみ、医療関係者から猛反発を食らった過去…薬剤師ドラマで起死回生なるか|日刊サイゾー

だけど、そこまででいいのです。

25

知らない薬を舐めて大丈夫……? 薬剤師ドラマ・石原さとみ「アンサング・シンデレラ」は“どこまでリアル”なのか(2020年8月13日)|BIGLOBEニュース

販田聡子 役- 真矢ミキ (萬津総合病院薬剤部部長)• 四国地方の公的病院で薬局長を務めるA氏が語ってくれた。 お姉さんぽい雰囲気や、出来る女の雰囲気を漂わせつつ、瀬野さんとの過去を知っているため葵にちょっと妬かれているような雰囲気も…。

2