ExcelのSUMIF関数で条件に合う数字を合計

Excel2007以降でテーブル機能が追加されました。 合計する値の入ったセル範囲を、間の列までひっくるめて指定します。

条件付きで合計する関数(SUMIF関数)の使い方:Excel関数

OFFSET関数の引数を大まかに説明すると、下記のようになります。 いずれも使用するときは半角で入力してください。 この中から、同色の商品を検索して売上を合算してみましょう。

23

SUMIF関数の使い方

特定の文字列の指定、数値や日付との比較、部分一致での抽出など、さまざまな条件を指定して数値を合計できます。 「商品ごと」や「顧客ごと」に集計したいけれどSUMIF関数が難しそう! 売上表などを作成する際に「商品ごと」や「顧客ごと」に金額を集計したい時ってありますよね。

22

SUMIF・AVERAGEIF・COUNTIF関数で「○○を含む」を条件にする

xlsx" ActiveWindow. 列の選択範囲は1列ですので指定する必要はありません。

2

複数の条件で合計する関数(SUMIFS関数)の使い方:Excel関数

クエスチョンマーク を使って??? MATCH G1,A1:C1,0 では G1(売上個数) をA1:C1の範囲で検索しています。 条件に合ったデータの、「予約数」合計を表示させることができました! この章では、F6番地に入力されている年齢の条件は「45」となっています。

12

【SUMIF/SUMIFS】行方向(横)で条件に合致した合計を求める

知っていると、手間をかけずに、ミスが少なく、集計や計算ができるのが関数のメリットです。

8

複数の条件で合計する関数(SUMIFS関数)の使い方:Excel関数

さきほどの「SUM」の説明と同じExcelデータを使います。 SUMPRODUCT関数を用いて、複数条件により合計を求めることもできます。

10

SUMIF関数の使い方

最後の引数「 合計範囲」は 合計する数値が入ったセル範囲です。 K3セルを選択して、フィルハンドルをK5セルまでドラッグして数式をコピーします。 この2つの範囲指定のコツを掴みましょう。

16