厚労省も注目する行動経済学「ナッジ理論」が面白い!相手を不快に感じさせずに誘導する事例

Thaler, Richard H. パブの経営者にこのことを理解してもらい、「1パイントジョッキだけでなく、3分の2パイントジョッキでもビールを売ってほしい」と働きかけることがナッジだ。 人は必ずしも合理的に行動しないことに着目した新しい経済学とされ、男女の上の違いも指摘されていますが、環境により変化する可能性もあるとされています。 こうした成功を背景に、ナッジはオーストラリア、ニュージーランド、フランス、ブラジルなど、世界中の政府に広がっている。

27

ノーベル賞受賞で話題の「行動経済学」ってどういうもの?

ssrn. 何のコネクションもなかったが、日本でぜひインタビューさせてほしいとメールを送ると翌日、快諾の返信が来た。 その他の著作 [編集 ] セイラーが経済学界において注目を集めたのは、1987年から1990年にかけて『Journal of Economic Perspectives』に連載を続けたコラム『Anomalies』によってであった。 ナッジは人に行動を促していてアクティブな要素があるが、による規制は受け身である。

29

ノーベル経済学賞の「ナッジ理論」とは?具体例6選!人を操る現代の魔法

そのフレームが上で挙げたさまざまな勘定項目であるが、お金の意思決定をする場合にはその項目(フレーム)にこだわってしまい、柔軟な、言い換えれば合理的な決定ができなくなってしまうのである。 先日、交差点で信号待ちをしていると、交差点に交通事故多発しているという看板がありました。

12

【ノーベル経済学賞受賞】セイラー教授と行動経済学理論

New York: Russell Sage Foundation. 『ナッジ(nudge 』理論 さきほどのコンビニの例ですが、実はしっかりと考えられた仕掛けがあります。 今年度のノーベル経済学賞は、シカゴ大学のリチャード・セイラー教授に授与された。

5

「リチャード・セイラー」のニュース一覧: 日本経済新聞

人が判断エラーに陥るパターンや理由を、行動経済学・認知心理学的実験で徹底解明。

【ノーベル経済学賞受賞】セイラー教授と行動経済学理論

だが、企業年金制度(401k)の大半は、私たちに貯蓄することを「自発的に選択」し、蓄えに回す金額を設定し、どの投資信託を買うか選ぶことを求める。 やはりBの、自分の利益を損なっても低い提案額は拒否するという行動は、Aの行動が公正という社会規範に反すると考え、そのような行動を処罰したい(Aの利得はゼロになるから)という感情が働いていると考えるのが妥当である。 「人はしばしば、ひどい選択をしてしまった挙句に、あとでひどく後悔するものだ!〔…〕このようなことが起きてしまう理由は、私たち人間は誰でも、化したという大きな溝に落ちやすいからであり、そのせいで教育、家計、健康管理、譲渡抵当、クレジットカード、幸福、そしてこの地球の問題に至るまで、たびたびひどい失敗に陥りがちなのである」。

30