派遣労働者の同一労働同一賃金(労使協定方式)

)に限る。 本来直接雇用とすべき労働者を派遣労働者として受け入れることで、労働条件が切り下げられている可能性があるとして、派遣先を離職して1年以内の労働者を、派遣先が受け入れることは禁止されています(法第40条の9第1項。

14

派遣労働者の労使協定方式に関するQ&A

第四項及び第五項、次条並びに第十三条の三において」と、同条第四項中「定めるもの」とあるのは「定めるもの(派遣中の労働者に関しては、当該情報のうち第一項の厚生労働省令で定めるものに関するものに限る。

改正派遣法の労使協定の提出は不要・・・、と思いきや

例えば、当該派遣元事業主が当該派遣労働者を休業させる場合は休業手当に相当する額以上の額について、当該派遣元事業主がやむを得ない事由により当該派遣労働者を解雇する場合は、派遣先による解除の申入れが相当の猶予期間をもって行われなかったことにより当該派遣元事業主が解雇の予告をしないときは30日分以上、当該予告をした日から解雇の日までの期間が30日に満たないときは当該解雇の日の30日前の日から当該予告の日までの日数分以上の賃金に相当する額以上の額について、損害賠償を行わなければならないものとすること。

1

職業安定法|条文|法令リード

その他省令で定める事項 上記のうち「6. 企業が独自に設けている退職一時金 の費用を事業主が負担している場合、局長通達第3の3(3)「中小企業退職金 共済制度等に加入する場合」として取り扱うことは可能か。 なお2013年(平成25年)3月31日までに労使協定を定めた場合は、2025年(令和7年)3月31日まで経過措置として、対象年齢を順次切り上げ認められる。

17

Q20. 離職した労働者を派遣労働者として受け入れる場合は?

労使協定で必ず定めなければならない項目 労使協定方式ではその名前の通り、派遣元の会社と派遣元の会社の労働者代表との間で労使協定を結ぶ必要があります。

労使協定方式のひな形とともに解説 「派遣労働者の同一労働同一賃金」②

なお、派遣元事業主は、過半数代表者が労使協定の事務を円滑に遂行することができるよう必要な配慮を行わなければならない(労働者派遣法施行規則第 25 条の6第3項)。

11

労使協定方式による派遣法対応の5つの重要ポイント|咲くやこの花法律事務所

ただ、もうすぐ改正されそうなのは確かで、というのも、先日行われた「第13回労働政策審議会 職業安定分科会 雇用・環境均等分科会 同一労働同一賃金部会」で、省令・指針の改正案が出てきたから。 である者又は派遣先となろうとする者との間で、これらの者が当該派遣労働者に対し、診療所、給食施設等の施設であつて現に当該派遣先である者又は派遣先になろうとする者に雇用される労働者が通常利用しているものの利用、レクリエーション等に関する施設又は設備の利用、制服の貸与その他の派遣労働者の福祉の増進のための便宜を供与する旨の定めをした場合における当該便宜供与の内容及び方法 則第22条の2(契約に係る書面の記載事項) 第二十一条第三項に規定する書面には、同項及び同条第四項に規定する事項のほか、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める事項を記載しなければならない。

15

派遣労働者の同一労働同一賃金について

協定の対象となる派遣労働者の範囲• 9 131. )」と、「次の業務」とあるのは「次の業務(労働者派遣法第四十四条第一項に規定する派遣中の労働者(以下単に「派遣中の労働者」という。 )から起算した継続勤務年数一年ごとに、前項の日数に、次の表の上欄に掲げる六箇月経過日から起算した継続勤務年数の区分に応じ同表の下欄に掲げる労働日を加算した有給休暇を与えなければならない。 )第四十四条第一項に規定する派遣中の労働者(以下単に「派遣中の労働者」という。

20