道の駅「にしかた」における自動運転サービス実証実験

警察庁規制速度決定の在り方に関する調査研究委員会など各種委員を多数務める。 国土交通省では今後も引き続き、先進安全自動車技術や自動運転車の適切な使用を促すことで、これら技術を搭載した自動車の円滑な普及を促進していく。

18

国交省、ホンダ「レジェンド」に世界初のレベル3自動運転車の型式指定

自動運転の社会実装に向けた実証実験等の取組み 3. 自動車局技術政策課によると、自動車デザインの専門家のアドバイスにより、先進性やデジタルテクノロジーを想起させる色としてターコイズブルーを使用し、分かりやすさとデザイン性の両立のために英語表記にしたという。 東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧は その中では、レベル3以上をシステムがドライバーに代わって運転を監視する自動運転とされ、条件付きながらこの動作中においてドライバーはスマートフォンを操作したりTVを視聴したりしても構わないことになっている。

19

ホンダが「自動運転レベル3」世界初となる訳

その他 5. 自動追従機能をトラックに搭載することで、いままでなら3人で3台のトラックを運転していたのを、1人でも出来るようになるかもしれません。 型式指定された自動運転車に搭載された自動運行装置「Traffic Jam Pilot」は、高速道路での渋滞時における運転者の運転操作の負荷を軽減することを目的に、前走車をはじめ周辺の交通状況を監視するとともに、運転者に代わって運転操作を行ない、車線内の走行を維持しながら前走車に追従する装置。

10

国土交通省・自動車基準協定対策官に聞く! 自動運転の「これまで」と「これから」第2回

ドライバーの安全意識への高まりと、先進技術に対する興味が、うかが知れます。 サービス概要 国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における生活の足の確保等のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの実証実験を平成29年度より全国18箇所で実施してきました。

9

国交省、自動運転車両の呼称を策定 レベル3は「条件付自動運転車(限定領域)」に

ほかに渋滞の緩和にも効果を発揮することでしょう(図2-1)。 別紙・参考資料• 車両停止後は自動的にパーキングブレーキがかかる。

11

レベル3以上の自動運転化が加速する?国土交通省が開発・実用化・普及のための法改正を施行

(イメージ)《画像提供 イラストAC》 国土交通省は12月11日、ユーザーが自動運転車の機能を過信せず、適切な運転操作を行うことを目的に、自動運転レベル3以降の車両の呼称を新たに策定したと発表した。 まず一つ目は 運転支援型自動運転です。

22

【前編】自動運転が進むべき道

図2-3 自動運転への対応状況 自動運転を通して産業振興にまでつなげていきたいという国交省の思いと、自動運転の定義のあいまいさが分かりましたね。 これにより、高速道路渋滞時など一定の条件下では、ドライバーに代わってシステムが運転操作をする自動運転が可能となる。

27