イラン外相「割れたハート」の絵文字で謝罪、ウクライナ機の撃墜認める。

離発着トラブルでも「原因はちょっと待ってね」なのに、こんな事故が起きて、すぐに「技術的トラブル」と断言。 イラン国営メディアによると、170人以上の乗員乗客の全員が死亡とのことです。

5

イランがウクライナ機撃墜の調査結果発表 操縦室会話も(産経新聞)

同日午前2時ごろに革命防衛隊はイラクの米軍駐留拠点2カ所を弾道ミサイルで空爆しており、米軍の反撃への警戒を高めていた。 2020年1月9日閲覧。 2020年1月9日. 情報筋によると、アメリカによるソレイマニ司令官暗殺により、イラン革命防衛隊の対空システムが活性化したとのことで、その結果今回の事故が起きたとみられている模様。

14

イラン航空655便撃墜事件

2020年1月9日閲覧。 2020年1月16日閲覧。 2020年6月26日閲覧。

ウクライナ機墜落、イラン「誤って撃墜」認める : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

2020年1月11日閲覧。 Atshani, Mohammad 2020年1月9日. 2020-01-11. 内訳は、イラン人が82人、カナダ人が63人、ウクライナ人が11人、スウェーデン人が10人、アフガニスタン人が7人、イギリス人が3人であった。 ウクライナの旅客機は1月8日、同国の首都キエフに向かうためにイランの首都テヘランの空港を離陸した直後に墜落、乗客乗員176人全員が死亡した。

25

イランが撃墜した米軍の無人機、その「空飛ぶ監視塔」の恐るべき能力

2020年1月8日閲覧。

12

イラン大統領「深くおわび」 ウクライナ機撃墜認める (写真=ロイター) :日本経済新聞

。 ヴィンセンスは高速で接近しつつある655便が民間機であるか、それとも警備艇をおとりとした共同作戦に参加する軍用機であるか判断がつきかねる状況に陥った。 回収された752便の乗員乗客の遺体 752便の搭乗者 国籍 乗客 乗員 合計 82 0 82 63 0 63 2 9 11 10 0 10 7 0 7 3 0 3 合計 167 9 176 752便には乗員9人乗客167人が搭乗していた。

13

ミサイル爆発後もウクライナ機の操縦士ら生存と判明 イラン発表

また、大統領は ()に犯罪捜査を開始するよう求めた。