「達観(たっかん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

父は年を取ってから穏やかな人柄になり、諦念したように見える• ライバルはある程度の初期レベルまでは必要ですが、年老いてくるほど結局は弱い自分との闘いだということを実体験で自然に悟るからです。 時勢を達観して政治を行わなければいけない。

27

「達観」とは?意味や使い方をご紹介

「人生を達観する」と言うときは、何事にも動じない、悟りの境地に立っていることを表現します。

8

「俯瞰」の意味と使い方!「俯瞰的に見る」とは?|語彙力.com

達観するということは一見とても高尚で、長年の修行を要するような難しいことのように思えるかもしれません。

5

「達観」の意味と使い方!「達観してる人」とは?【例文つき】|語彙力.com

仕事をしていく上で、さらには生きていく上で、時には「俯瞰」をして、全体を見直してみるということ、とても大切なのではないでしょうか。

28

達観の意味と使い方

ただ、真理や道理を理解することにより、それらの事実をありのままに受け入れて、平常心で物事に臨むような意味合いを持っている言葉です。

“できる人”は「人間関係は悪いのが普通」と達観している

まとめ 「諦念」とは、「迷いを去った境地」のことをいいます。 俗事を超越し、さとりの境地で物事にのぞむこと」 という意味があります。

23

「達観」の意味と使い方・対義語・類語・「諦め」との違い

達観の意味 達観とは 達観とは、 広く大きな見通しを持つことや、将来の情勢を見通すこと、目先のことや細かいことに気を取られずに、真理や道理を悟ることを意味しています。 ただし、「あきらめの境地に達すること」の意味が「見込みがないと断念する」という意味の「あきらめる(諦める)」ではないことがこの言葉のポイントです。 達観している人を見て、無駄がなく非常に洗練されたイメージを抱く人もいることでしょう。

達観の意味・達観した人の特徴8つ・達観した人はストイックなのか

男性から見ると、そうした態度に居心地の良さや暖かい包容力を感じることもあるでしょう。

12