バイデン氏当選で進む大麻の「非犯罪化」。そもそも「合法化」と「非犯罪化」の違いってなに?

しかし、最近では禁煙禁酒活動も増える中、実際に大麻以上の中毒性があるタバコやお酒の需要が減少することは、社会的には良い影響であると捉えるべきであり、医薬品産業としても大麻を用いた新しい薬の開発などにより市場の変化に対応することは十分に可能でしょう。 (2019年6月現在) 法的規制 州 嗜好用・医療用大麻が合法 アラスカ州 カリフォルニア州 コロラド州 イリノイ州 メイン州 マサチューセッツ州 ミシガン州 ネバダ州 オレゴン州 バーモント州 ワシントン州 コロンビア特別区 医療用大麻のみ モンタナ州 ノースダコタ州 ミネソタ州 ユタ州 アリゾナ州 ニューメキシコ州 ミズーリ州 オクラホマ州 アーカンソー州 ルイジアナ州 ニューハンプシャー州 コネチカット州 ニューヨーク州 ニュージャージー州 デラウェア州 メリーランド州 ロードアイランド州 ペンシルベニア州 オハイオ州 ウエストバージニア州 フロリダ州 ハワイ州 非合法または一部の例外を除き非合法 アラバマ州 ジョージア州 アイダホ州 インディアナ州 アイオワ州 カンザス州 ケンタッキー州 ミシシッピ州 ネブラスカ州 ノースカロライナ州 サウスカロライナ州 サウスダコタ州 テネシー州 テキサス州 バージニア州 ウィスコンシン州 ワイオミング州 注意 ・まだ施行されていない法律も含みます ・大麻は連邦法下では未だにスケジュールIに分類されてます ・インディアン居留地においては州法が適用されない場合があります ・各州内で連邦政府が所有する連邦領土内において大麻は違法となります ・非合法に分類した州においてもごく限られた医療目的のTHCに関しては使用できることがあります ・合法に分類した州に関しては非犯罪化という対応によって実質的に使用を認めている州も含みます 合法化の動きは日本にも来るのか?合法化される理由・メリット 嗜好用大麻が解禁された州に行けば、日本では考えられないほど大麻を身近に感じることになるでしょう。

3

ニューヨーク州知事が「2020年内の大麻合法化」を公約!

州が依頼した調査によると、州内の大麻消費の約 9%は、こうした旅行者によるものと推計されている。 一方の日本では大麻 マリファナ より害があるタバコを未だに売ってますよね。 ウルグアイの大麻規制管理協会は大麻が合法化されてから、大麻組織は2,200万円損している、と2019年に報告しており、功を奏している感じはありません。

8

近年世界で合法化する大麻。各国の解禁事情と日本での今後の見通しは?

今回は、大麻を合法化にしたときのメリット、デメリットをご紹介させていただきます。

7

「大麻合法化しようぜ」に感じる“胡散臭さ”の正体 医療大麻の論点とは (1/5)

非常に興味深いので通して読まれることをおすすめしますが、以下に該当部分を引用します。

29

医療大麻と嗜好大麻のメリット・デメリットは異なる件【知っておくと得です】

もちろん、違法されているのはデメリットがあるからですよね。 世界に目を向けると、ちょっと違うようだ。 実際ぼくも27歳の時に、カナダに住むまで「大麻」についてそういった考えを抱いていました。

1

欧米各国が「大麻」を解禁する本当の理由(石田雅彦)

。 大麻(マリファナ)が合法になった時のデメリット 覚せい剤などのドラッグに手を出す恐れ。

5

大麻合法化のメリット

このような過程から日本での犯罪は減少していくと言えます。 国内の潮流が何であれ、儲かっているのである。 こうなると、結構自体は急変してしまいますからね。

15

近年世界で合法化する大麻。各国の解禁事情と日本での今後の見通しは?

今日も、世界中のどこかで医療大麻により命が救われた人がいると思うと本当に早く大麻を合法化してほしい。

17