火傷をした際の応急手当

体の部位、年齢により一概には言えませんが15-30分間冷却すると良いと思います。 やけどをしたときの対処・手当 手のひらより大きければ病院へ行きましょう。

11

白クマ先生の子ども診療所|日本医師会

こういった時はまずは冷やすことが大事です。

10

やけどの正しい応急処置。冷やす時間は?湿布や薬はつけてもいい?

あわてて衣服を脱がせると熱の作用が持続してより深いやけどになったり、水疱が破れて、痛みが強くなったり、治るのに時間がかかってしまいます。 創部を冷やしながら出来るだけ早く皮膚科医の診察を受けることが早くやけどを治して傷跡を最低限にすることにつながります。

25

やけどを治療する 4つの方法

医師の間では代替医療の一つに過ぎないと考えられていますが、ハチミツの使用が火傷の治療に有効であることは複数の研究によって証明されています。 水に浸けると患部に残っている化学薬品が皮膚の他の部分に広がる恐れがあります。

2

低温やけどの症状って何?水ぶくれなどの治療や処置方法は!

1度のタイプと違い、適切に治療をしないと、やけど跡が残ったり、皮膚が硬くなる「瘢痕化」が起きてしまうことがあります。

9

傷の手当 湿潤療法

1日1回は流水で洗い、患部だけでなく全身を清潔に 1日1回は必ず流水で洗い、患部を清潔に保つことも大切です。

14

熱傷(火傷、やけど)の治療|日本医科大学武蔵小杉病院

患部を冷やす• X 出典文献 X 出典文献• また、比較的浅いやけどに対しては、抗生物質入りの「バラマイシン(商品名:バラマイシン軟膏)」を使用します。