アロースタッドで種牡馬入りするモズアスコットが栗東トレセンの厩舎内で「引退式」(スポーツ報知)

獲得賞金は2億7636万円。 矢作調教師は「調教師として、すごく気持ちのいい思いをさせてくれた。

アロースタッドが一般見学を開始

(1993年 - 2007年引退、メジロ牧場へ)• (2018年 - )• まだキャリアがわずか10戦の5歳馬だが、この辺が潮時と引退を決めたのである。 ヴィットリオドーロ(2015年 - )• シンジケートが構築され、晴れて種牡馬となった。 7月16日、新ひだか町静内田原にある有名種馬場、アロースタッドが今年の一般見学を開始した。

10

有限会社 アロースタッド

今後もより一層有望な種牡馬を集め、規模及び種付総頭数の面で日高地区 No. (より、2003年 - 2013年死亡)• 見学当日は二十間道路牧場案内所で申し込みが必要になる 15時45分まで。 興味を持って頂いた方は是非一度見学、またはお気軽にお問い合わせください。

アロースタッドで種牡馬入りするモズアスコットが栗東トレセンの厩舎内で「引退式」

日本中央競馬会、2016年5月4日閲覧• エポカドーロは、降りる直前に馬運車の中でゴトゴトと動いているような音が聞こえてきて、あるいは父オルフェーヴル譲りの気性の難しさを見せるのではないかと心配されたのだったが、私たちの前に立った時は、まったく動じる気配も見せず、初めて降り立った場所だというのに、実に堂々としていた。

30

社台スタリオンの影で「渋すぎる」アロースタッドの新種牡馬ラインナップ。愛された「出遅れ王」に「三冠弟」、そして「菊花賞馬」も

バランスの良い馬体なので、立ち写真の際にも、自分で自然にポーズを取ってくれた。

20

社台スタリオンの影で「渋すぎる」アロースタッドの新種牡馬ラインナップ。愛された「出遅れ王」に「三冠弟」、そして「菊花賞馬」も

初戦の根岸Sを勝つと、フェブララリーSでも1番人気に応えて、芝・ダート両方でG1を制した。 若駒Sを勝利するなどクラシック候補に名を連ねていたが、故障により思うような競走生活を送れず。

21

芝&ダートG1馬のモズアスコットが登録抹消 アロースタッドで種牡馬入り(スポーツ報知)

今後はアロースタッド(北海道新ひだか町)で種牡馬となる。 (2007年 - 2012年引退、ノーザンホースパークへ)• 史上5頭目となる芝・ダートの両方でG1馬となったモズアスコット(牡6歳)が12月10日、栗東トレーニングセンターの矢作厩舎で「引退式」を行った。

11