【くる ひなた】異世界での天職は寮母さんでした ~王太子と楽しむまったりライフ~

椎名さんはこの時主人公を好きにはなっていません・・・。 苦情はナシね! 復讐モノといっても残虐性はそれほど重くなく、どちらかと言えばダークヒーローを主人公にした王道英雄譚と言った方が正しいかもしれません。

21

徒然まったり日記 ファイナルファンタジー7小説“ On the Way to Smile ”、読みました~!

強制的に召喚され救世主の一人として呼ばれた野丸だったが、実は十人同時召喚を行えば確実に現れる【英雄】と対を成す【外れ】として呼ばれた事が判明する。

ゆったり たっぷり のんびりと。

お互いに相手のことが好きなのに、立場を気にして自分の想いに気づかないフリをしている2人が徐々に自分の気持ちを隠しきれなくなっていきます。 そんな中、勝手に結婚を決めてきた母に反抗するため手に取ったハエ叩きが何故か母ではなく、異世界の帝王にクリーンヒット! 気づけばそこは生まれ育った世界ではなくなっていた。 ただふとしたときに意識せず想いが溢れてしまうというシーンが結構あり、そういうところがとても胸キュンするのでオススメです。

26

【くる ひなた】異世界での天職は寮母さんでした ~王太子と楽しむまったりライフ~

海斗は次第に、学園屈指の他の美少女達とも接点を持ち始める。 あらすじにも書いてある通り10話のキスの加護発生後の描写はエロい! しかもキスする度に主人公がチート級の能力を手に入れていく様は読んでてスカッとします。

徒然まったり日記 ファイナルファンタジー7小説“ On the Way to Smile ”、読みました~!

本来なら、喜ぶべきことかもしれない。

29

【くる ひなた】異世界での天職は寮母さんでした ~王太子と楽しむまったりライフ~

だからこそ仲間を頼り、自分に出来る範囲を見極め前に進もうと。 それは【迷宮】だ。

4