前略を使った手紙の書き方

本来ならばご挨拶にお伺いしなければ失礼と存じますが、 取り急ぎ書中にてお詫び申し上げます。 「前略」は、手紙における「頭語」の一つです。 その手紙が挨拶などの前文を省略したもので、十分に気持ちを尽くすことができなかったことを詫びるための言葉です。

14

「拝啓」「謹啓」「前略」

結語の「かしこ」は女性特有の言い回しで、どのケースでも使えるので便利ですが、それでもビジネスの場面などはふさわしくないと思うので気を付けて下さい。

22

前略を使う際の注意点と例文・草々と早々・拝啓との違い

「かしこ」を使った例文 「かしこ」を使った手紙の例文としては、「前略 先日作品会であなたの作品を拝見しました。 時として失礼になることもありますので、むやみに使うのは避ける必要があります。 「早々」は「急いで物事をするさま」という意味で、結語として使うと手紙の本文で走り書きになっていることを伝えています。

5

詫び状の書き方と例文|お詫びの手紙の文例を紹介

ですが、それでも目上の人に前略を使いたい場合は、まず手紙のシチュエーションを考えましょう。 知っておきたい手紙のマナー いかがでしたでしょうか。 挨拶文が終わり、「結語」の前に改行する 組み合わせに決まりはありません。

頭語・結語》手紙の書き方/季語/挨拶文/女性/ビジネス文書/季節/前文前略

相手に敬意を表し、正式な手紙の書き方に沿った手紙を書くようにしましょう。 悔やみ状に頭語は要らない ほかにおさえてほしいのは、悔やみ状を書くときのルールです。 「前略」は「拝啓」や「謹啓」と使い方が異なり、前文を省略する場合に用いる頭語である。

25

「冠省」の意味とは?結語や使い方に「前略」や「拝啓」との違い

「謹啓」も「つつしんで申し上げます」の意味であるが、「拝啓」よりも敬意が高く、目上の人に送る丁寧な手紙、改まった手紙に用いる。 どうしても使いたい場合は、簡易的な手紙の場合のみにしましょう。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 前略 先日は電話にて失礼致しました。