バリ島の神々/宗教・神 バリ島旅行記〜神々の島

バリ島でのトラブル事例 パンク強盗 車のタイヤに釘などをさしてタイヤをパンクさせ、運転手がタイヤを交換しているスキを狙って、車内にある荷物や財布を盗む手口が発生しています。 屋根の色に合わせているそうです。

25

バリ島独自の宗教、バリ・ヒンドゥーとは?

男の子の父親が衣服・指輪・食べ物などの結納品を女の側の一族に届け、女の子の名前でお返しの贈物をすることによってこれを受ける。 また、オジェと呼ばれるバイク・タクシーや、ドッカルと呼ばれるのも一部地域では見られる。

バリ・ヒンドゥー教とは?バリ島の神々を知ろう!

バリ島の文化についてより深く知ることができるでしょう。 そのさきがけとなったのが、ウブドの画商パンデ・ワヤン・ステジョ・ネカであり、ウブドでは彼の設立したが運営されている。

22

―世界観の人類学―

たとえば、バロンとの戦いをモチーフとしたチャロナラン劇は、そもそもは宗教儀礼として19世紀末に成立したものであるが、に陥った男性がで胸を突くといった場面が見られる21世紀現在の演劇性に富んだ形態は、1930年代前後に「観光客に分かりやすく見せるために」成立し島内に広まったものである。 カーストの上下など関係なく寺院を中心としたデサ(村)やバンジャール(村の中の自治体)の共同体での相互扶助の方が大事なこととされているバリヒンドゥ教なのです。 特に女性の場合は、毎日のお供え物作りやお祈りから始まり、いろいろな宗教行事の参加や手伝いをさせられます。

9

インドネシア共和国観光省公式ページ バリ島

すなわち「バリの中で客が行きたいところなら、どこへでもついていく。

バリ島

「郷に入っては郷に従え」精神でご近所の方々に助けてもらいながらの日々の生活。 バデの構造はバリ・ヒンドゥー教の世界観を表している。 ルジャン、ペンデット、サンギャン、バリス・グデなどが含まれる。

15