スバル・インプレッサ(GH8・2.0GT)試乗/辛口評価と評論

22Bは、生産台数が極端に少なく、上質なタマはコレクション目的で取引されているため、1,000万円以上の価格が付くことも珍しくなく「一般ユーザーが気軽に購入できる車ではなくなった」というのが実情だ。 中期型「涙目」前期型(2002年6月~2004年5月:アプライドC~D型) ・排気サウンドは現代的 ・STIのサスペンションは超ハードで、操縦性はややピーキー ・流通台数と相場、程度のバランスが良い 中期型「涙目」後期型(2004年6月~2005年5月:アプライドE型) ・STIの操縦性、乗り心地ともにわずかにマイルド ・STIのホイールPCDは114. デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第75号11ページ• プレスリリース , 富士重工業, 2013年6月24日 , 2013年6月24日閲覧。

18

2代目スバル インプレッサの「丸目」「涙目」「鷹目」はどんなモデルでどんな選び方をするべきか?:特選車|日刊カーセンサー

当時の広報資料には、ターボはRHB 52型でタービンローター/コンプレッサインペラ径=52. 車名の由来 [ ] インプレッサの名称、 IMPREZAとは、「紋章」「金言」などの意を持つ英語 "IMPRESA"からの造語である。 インプレッサ WRX STi Version III さてEJ20といえば、先ごろ最終型『WRX STI EJ20 Final Edition』の受注生産を打ち切った『インプレッサWRX』は外せない。

16

【画像ギャラリー】22B 初代STIほかEJ20を積んだスバルの名車たち

ルーフエンドスポイラーとリアコンビランプはを採用。

11

スバル・インプレッサ

6L、1. インテリアでは、新たに社製フロントバケットタイプシートをメーカーオプションで設定。 標準仕様でも吸気側に可変吸気バルブタイミングシステムのAVCSを採用し、低速トルクを厚くして日常域での扱いやすさを増している。

27

インプレッサ スポーツ

モデル別相場 初代 330,000~360,000 2代目 780,000~810,000 3代目 1. 自らハンデを背負って戦っていた「ランサーエボリューション」 コリン・マクレーに対抗する三菱ワークスの最強ドライバーといえば、トミ・マキネンだ。

めちゃくちゃ速いコンパクトセダン! 初代 スバル インプレッサ GC8型 : 乗り物速報

0i-S EyeSightに標準装備、その他のグレードにメーカー装着オプション)、コーナリング時でのライントレース性を向上する「アクティブ・トルク・ベクタリング」(2. 初代WRXによってクルマを運転することの喜びを知り、その喜びを誰かに伝えたくて、やがてクルマメディアの世界で働きたいと願うようになり、関西から上京して、生活のすべてを一変。

24

丸目、涙目、鷹目・・・初代から新型まで、歴代インプレッサの種類をカンタン解説!

6L DOHC 16バルブ デュアルAVCS 2. しかし、ライバルチームの戦闘力向上に追いつかなくなった、に、スバルは屈辱的な年間未勝利に終わった。 これがポルシェ 911っぽい雰囲気で格好良かったのだが、生産ラインでバッテリーを搭載する際の作業性が悪くなるために却下。

28

まさに「戦闘機」と呼ぶに相応しい中身! 歴代「インプレッサ WRX」が傑作揃いだった(Auto Messe Web)

2015年4月14日 - 特別仕様車「Proud Edition」を発売。 インプレッサが全車3ナンバー化されたことにより、スバルの軽自動車やとからの車種であるを除く乗用車は、すべて3ナンバー登録の普通乗用車となっている。