年金の受給Q&A>雇用保険(基本手当)と年金、65歳前後のポイントは?

失業保険(正確には雇用保険の失業給付)とは会社を退職した際に受け取れる保険のことです。 65歳以上で受け取ることができる失業保険についてわかりやすく説明していきます。

高年齢求職者給付金とは?65歳以上が貰える失業保険の特徴と注意点

これは介護を目的とする休業時に給与の67%が補填されるものです。

15

65歳以上の失業手当「高年齢求職者給付金」はいつ?いくらもらえるの?

「それなら、65歳以降に辞めれば両方受け取れるの?」と質問する方もいるかもしれません。 助成額は、60歳以上被保険者の人数や引き上げる年齢等に応じて10万円~160万円となっています。

3

65歳定年退職で失業保険と年金を併給する裏技?停止を避けるためには?

また、65歳以前から一般被保険者として働いていたとしても、退職する時に65歳に達していると、退職時には区分が自動的に変わり、これもまた保険の種類が高齢となります。

20

退職日が「64歳363日」か「64歳364日」で失業給付は70万円違う

では詳しく説明していきます。 でも、65歳を過ぎた高齢一時金の場合は、6か月かけていれば、一時金の受給資格がつきます。

共済組合担当者のための年金ガイド|社会保険出版社

また、厚生年金保険の被保険者の方で、年金を受けている方が雇用保険の高年齢雇用継続給付を受けられるときは、在職による年金の支給停止に加えて年金の一部が支給停止されます。 ただし、これらをそれぞれ満額もらえるようにはなっていません。 そこで、ここでは、一時金(失業保険)として支給される高年齢求職者給付金の受給要件ともらえる金額、高年齢求職者給付金のメリットについて、くわしく見ていきたいと思います。

24

失業保険と年金は同時にもらえないの?

高年齢求職者ではこれがありません。 」と考えている方は、 親が現状どうなっているのかを把握してみることも必要でしょう。

30

65歳からの雇用保険・失業給付一時金とは?制度が一新し年金と一時金が併給される!

65歳以降に支給される老齢厚生年金は、失業手当(基本手当)を受け取ってもカットされることはありません。 高年齢被保険者が失業した場合には、一定の要件を満たしていれば、 一時金(失業保険)として、 高年齢求職者給付金を受給することができます。

21