要約 建築基準法 第52条〜54条 まで

この場合において,第86条の7第2項及び第3項中「増築等」とあるのは「用途の変更」と,「第3条第3項第三号及び第四号」とあるのは「第87条第3項」と読み替えるものとする。 なお、当該建築物の敷地のうち前面道路と壁面線等との間の部分の面積は、敷地面積に算入することはできません 13項。

27

建築基準法12条点検

2.確認申請時に添付するチェックリスト 建築確認申請書を提出する際に、設計者が事前チェックのうえ、本様式を添付してください。 道路の幅員が4mに満たない場合には、道路の中心線から2mまでの部分(後退部分=セットバック)は、自分の敷地あっても建築基準法では「敷地面積」として扱われません。

8

建築基準法第12条

一 第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域 又は田園住居地域内の建築物 十分の四 二 第一種中高層住居専用地域若しくは第二種中高層住居専用地域内の建築物又は第一種住居地域、第二種住居地域若しくは準住居地域内の建築物(前項第五号に掲げる建築物を除く。

2

» 法第87条(用途変更)の逐条解説

では、内装にこだわりがある(例えば、木を表面現しにしたい寺院とか、協会)は素直に小屋裏部分で隔壁をするしか無いです。 特定行政庁は、確認その他の建築基準法令の規定による処分並びに第一項及び第三項の規定による報告に係る建築物の敷地、構造、建築設備又は用途に関する台帳を整備し、かつ、当該台帳(当該処分及び当該報告に関する書類で国土交通省令で定めるものを含む。 建築物の内部 壁・床・天井、防火区画、防火設備等• 様式第13号の3 (第22条、第24条関係) 道路の位置の指定通知書 道路の位置の指定をしたときに知事が申請者に交付する書類です。

建築基準法第12条点検の分類

様式第7号の5 (第15条関係) 土砂災害特別警戒区域照会願出書 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)第9条第1項に規定する土砂災害特別警戒区域内において建築物を建築しようとする場合に確認申請書への添付が必要です。 対象建築物 = 第6条第1項第一号に掲げる建築物その他政令で定める建築物で、特定行政庁が指定するもの• 堀口建築設計がお手伝いできること これまで、1項から6項までで、私が業務を通じて把握している検査済証の無い建物やその敷地、また12条5項の報告の取り扱いについて説明させていただきました。

28

建築設備等の定期検査報告(建築基準法第12条第3項)

内容を確認しまして、こちらからご連絡させていただきます。 様式第9号の2(2-1) (第17条関係) 鉄骨工事報告書 鉄骨造又は鉄骨鉄筋コンクリート造の建築物の工事完了検査時に建築主事に提出が必要です。 第3項第二号も不思議です。

13