水球の基礎知識(ルール)

足を底につかずに水中でジャンプ。

25

水球の基礎知識(ルール)

交代選手が6人認められていますので、1チームとしては計13名で試合を行います。 この辺は面白いですよね! その他水球のルール 得点が入ると予想される行為に対して反則をする妨害をペナルティファールといいます。 ここでは男子を基本に、競技の概要を解説していきます。

19

水球ってどんなスポーツ!?試合を10倍楽しむための観戦ポイントと基本ルール

1回のタイムアウトは1分間で、4ピリオドの試合中に2回まで取ることができます。 広いプールの中で、ゴールキーパーを抜いた6人がただ好き勝手に攻守しているわけではなく、今回の記事ではご紹介しませんが、しっかりとバスケットやサッカーのようにポジションが決まっており、泳ぎながらもポジションごとの役割をしっかりと果たしています。

水球のルールを解説!元水球選手がわかりやすく伝授します!

この状態を 退水 たいすい)と呼びます。

20

志水祐介が極める「水中の格闘技」の本質 水球がトータルスポーツと呼ばれるゆえん

相手がなめたプレーをすると、余裕で顔面パンチや、陰毛をむしとるなど過激なことをする先輩がいました。 ・軽いファウル オーディナリーファウル)と重いファウル パーソナルファウル)があり パーソナルファウルをすると、退水となり赤い枠に入らなければならない。 1860年代のイギリスで「ボールを決められた水上のポイントまで運び合うゲーム」として始まり、そのあまりの荒々しさから危険を防ぐためにルールが制定され、スポーツとしての水球が確立したとされている。

【東京五輪特集】「水球」のルールや見どころを詳細解説、注目選手まとめ!

ときには速いシュートを放つと見せかけ、フワッと浮かせた技ありのシュートが繰り出されることもあります。

7

水球とは?

男子では、ハンガリーが最多9度のオリンピック金メダルに輝いている。 ペナルティファールをした競技選手は、退水が命じられることはありません。

17