寄付?納税?ふるさと納税の仕組みと流れを解説!|はじめてのふるさと納税|仕組みと手続き完全ガイド|ふるさぽ

2,000円の負担でふるさと納税できる限度額が所得割額に連動するため、高額納税者ほど寄附できる金額が多くなるわけです。

20

寄付?納税?ふるさと納税の仕組みと流れを解説!|はじめてのふるさと納税|仕組みと手続き完全ガイド|ふるさぽ

税収の減少に悩む自治体や、地方間の格差をどうすれば活性化していけるのかが論点となり、 2006年に当時福井県知事だった西川一誠が「故郷寄付金控除」を提言したことから、ふるさと納税の発案者と言われています。 返礼品は明らかに2,000円以上の価値があるものばかりです。

8

ふるさと納税の減税の仕組みは本当に得?知らないと損するポイント

ふるさと納税を行っている自治体であれば日本全国どこでも寄付することができます。

25

【保存版】日本一わかりやすい「ふるさと納税」の仕組み

税金の控除を受けるためには「確定申告」または「ワンストップ特例制度」の申請手続きが必要になります。 1.所得税と住民税が安くなる! あなたが 寄附をした金額の2,000円を超える分が、所得税・個人住民税から全額が戻ってきたり、控除されます。 その制度を「ワンストップ特例制度」と言います。

7

【図解あり】ふるさと納税の仕組みをわかりやすく解説!控除や還付とは?

税金控除の手続きを行っていきます。 一方で、人によっては控除される金額が少なくなるケースもあるので注意が必要です。

【ふるさと納税】わかりやすい住民税や減税の仕組み

さらに、所得税や住民税の控除を受け節税することができるのでお得ですね! なので、ふるさと納税は、 寄附金額から自己負担額2,000円を除いた金額が、所得税や住民税から 控除・還付されます。 ふるさと納税の仕組みの図 ふるさと納税で寄附をすると、1年目(寄附した年)に寄附金額を先払いして、翌年2,000円を除いた残額が減額される形になります。

24

ふるさと納税の仕組み、超簡単に誰でもわかるように解説!|トリビアノート

例えば、1年の途中で退職しなければいけない理由があったり、自営業の人なら年収も波があります。