特定地域づくり事業協同組合

略 (2)特定地域づくり事業 特定地域づくり事業協同組合が行う「特定地域づくり事業」は、その地区において地域づくり人材が地域社会及び地域経済の重要な担い手として、その能力を十分に発揮することができるよう、地域づくり人材がその組合員の事業に従事する機会を提供する事業を行う(法第10条第1項) 略 特定地域づくり事業には2つの大きな柱があり、一本は 1 地域づくり人材がその組合員の事業に従事する機会を提供する事業(マルチワーカー(季節ごとの労働需要等に応じて複数の事業者の事業に従事)の労働者派遣事業、無料職業紹介事業等)と、もう一本は 2 地域づくり人材の確保及び育成並びにその活躍の推進のための事業の企画・実施(移住支援事業等)である。 それがないと、今の人口急減地域はどこへ引っ越すんだと、最後は。 人口が急激に減少している地域の維持とその地域の経済の活性化を図るため、令和2年6月 4日に「地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律」が施行されました。

29

安定した雇用環境や給与を移住者らに約束。特定地域づくり事業協同組合制度とは(3)【島×制度・法律】|ritokei(離島経済新聞)

対象地域の市町村が事業協同組合の運営費を補助する場合,一定の条件のもとで,国がその財源の一部を負担します。 第三章 雑則 (地域づくり人材の活躍の推進に資する取組への支援) 第二十一条 国は、地方公共団体が行う移住及び定住の促進、地域における子育て環境等の生活環境の整備その他の特定地域づくり事業を担う地域づくり人材の活躍の推進に資する取組を支援するために必要な措置を講ずるものとする。 したがいまして、地域相場の一割増しかどうかはともかく、職員の確保のために必要に応じて地域の賃金相場よりも高い水準の給与を設定することも考えられるところでございます。

12

特定地域づくり事業協同組合

後述するように、特定地域づくり事業に限らず、特定地域づくり事業協同組合の職員の住居及び良好な子育て環境の確保のための取組等への協力が期待されている。 果たしてできるのだろうか。 残る2分の1は、人材派遣を受けた事業者が支払う料金で賄う仕組みだ。

定住、地域維持・おこしにつなげる法律の臨時国会成立を目指します

また、市町村及び都道府県は、特定地域づくり事業協同組合ができる限り地区外から派遣職員を採用することができるよう、移住・定住支援策を講じる必要がある。 特定地域づくり事業協同組合は、このような地方への移住を検討している方に対して、安定的な雇用環境や一定の給与水準を確保した就業先を新たに提供するものであります。

過疎地への移住をしやすく 総務省の「地域づくり組合」制度がスタート(1/2ページ)

選択肢が限られた地方において選択肢が1つまた1つと多様になることは良いことですが、公的な補助ありきで持続可能性が低い組合が多く生まれることが予想されます。

10

鹿児島県/地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業

来て働く若者は地域の宝。 組合員等への人材派遣 事業協同組合は、季節的に人手不足となる組合員等に職員を派遣し、派遣された職員は当該組合員等の事業に従事するとともに、派遣を受けた組合員等は事業協同組合に派遣料を支払います。 (事業停止命令) 第十四条 都道府県知事は、特定地域づくり事業協同組合が第九条第二項各号のいずれかに該当するときは、当該特定地域づくり事業協同組合に対し、期間を定めて、その行う特定地域づくり事業の全部又は一部の停止を命ずることができる。

6

地域づくり人材の「認定」めぐり議論 農水省の農村政策検討会

さらに本法に基づく特定地域づくり事業協同組合として知事が認定することは、この組合が法律に裏打ちされた公的性格をもつことにつながり、国及び地方公共団体の財政的支援を受ける根拠とすることが可能となる。 6 都道府県知事は、第一項の認定をした場合においては、遅滞なく、その旨を申請者に通知するとともに、その旨並びに当該認定をした特定地域づくり事業協同組合に係る第二項第一号及び第三号から第五号までに掲げる事項、当該認定の有効期間の満了の日その他総務省令で定める事項を公示しなければならない。

●地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律案

私はその前提が大問題だと思うんですよ。 )を定めることができる。

19