障害年金とは?障害年金の基礎知識|障害年金サポートサービス

ところが様々な理由で、年金の請求をしていないというケースがあります。 外部障害 眼、聴覚、肢体(手足など)の障害など• 1 つ目は、「受給権者が障害基礎年金と同一の支給 事由により、労働基準法の規定による障害補償を受 けることができるとき」です。 自分で申請する場合、まず、初診日を調べたうえで、それを基準にでご説明した年金の納付要件を満たすかどうかを年金事務所に調べてもらいます。

24

障害年金をもらうための要件(受給要件)

手帳を持っていると割引やサービスを受けられるので、 早急に申請することをおすすめします。 全ての書類を提出して、審査に通過した場合は障害年金の受給が可能です。 最低保証額が定められており、 最低でも年間58万6,300円が支給されます。

障害年金でもらえる金額はいくら?受給額を簡単にシミュレーションしよう

気がついたら受給停止になっていたといったトラブルを防ぐために、あらかじめ条件を確認しておきましょう。

5

障害年金をもらうための要件(受給要件)

初診日が分かったら、その時点で国民年金、厚生年期保険、共済年金の保険料納付状況を確認する必要があります。 そして、どちらの対象になるかは、初診日にどの年金制度に加入していたかによって決まります。 病気やケガの主なものは次のとおりです。

30

障害年金とは?障害年金の基礎知識|障害年金サポートサービス

どんな病気が対象?障害の程度と等級表 障害と言うと、発達障害や知的障害などの先天性の障害、手や足切断などの肢体の障害を想像する方が多いですが、 人工透析や癌、うつ病や若年性アルツハイマーなどの精神疾患、パーキンソン病まで様々な傷病が対象になります。

2

【障害厚生年金】は「障害等級3級」でも受給可能 受給要件と金額「障害者特例」について解説 | マネーの達人

そのため、未成年は障害年金の申請ができません。 それが「 障害年金」です。

18

【障害厚生年金】は「障害等級3級」でも受給可能 受給要件と金額「障害者特例」について解説 | マネーの達人

。 このようなことから人によって受給額が違いますが、1か月あたりの平均の受給額は表のとおりです。 障害年金は障害をお持ちの方の生活のために大きなメリットのある制度です。

15

障害厚生年金の受給要件・支給開始時期・計算方法|日本年金機構

おすすめは 地元の日本年金機構に相談することです。 この記事がきかっけになれば幸いです。