ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと

アルコールと水以外の物質や成分のことをコンジナーと呼ぶのですが、一般的に、このコンジナーが多いお酒ほど酔いやすいと言われています。 カクテルベースに使うなら、まずはブランドとも馴染み深いジントニックがおすすめです。 ボタニカル(香りづけに使われるハーブやスパイス)を浸漬・蒸留することで風味を付けたお酒で、ジュニパーベリー(セイヨウネズの実)を必ず使うこと以外はとくに規定はなく、自由度が高いのが特徴。

24

ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと

グラスを冷蔵庫で事前に冷やしておくと、氷の溶け具合が遅くなり最後まで美味しく飲めます。 なるべく発泡させずにつくるとよりおいしくできあがる。

ジンの主な飲み方

19世紀に誕生した蒸留器を用いて造られるジンがルーツです。

8

ジン・トニックに欠かせない素材「トニックウォーター」とはどんなもの?

ぜひお気に入りのジントニックのベースジンを探してみてください。

17

ジントニックの歴史(逸話)

ライムの扱い ライムをグラスに絞る前、グラスの縁をライムにつけて回しながらライムのグラスの縁全体に液体をつけるといいでしょう。

5

カクテルの定番!ジントニックの作り方とアレンジ方法

価格としても安く、大容量のものは特にコストパフォーマンスが良い商品です。 プレミア感があるので、お酒好きな方への手土産や海外の方へのプレゼントにもおすすめです。 トニックウォーター - 適量• 実は、海外のトニック・ウォーターには「キニーネ」という薬品が入っており、それが独特の苦みを出しています。

2

ヘミングウェイが愛したカクテル「ジントニック」|たのしいお酒.jp

ドライ・ジン - 適量• 昨今、炭酸水に関しては広く知れわたり、飲んだことのある人も多いと思いますが、極端に言えば水に炭酸ガスを含ませただけの飲み物で味がないため、好き嫌いが分かれます。

15

ジントニックの歴史(逸話)

冷えたグラスにロックアイスを適量入れる• なので肝臓の分解能力を超えるほどアルコールを摂りすぎてしまうと、アセトアルデヒドに含まれる毒素が分解しきれずに二日酔いを起こしてしまうのです。 ジントニック ジントニックはその名の通り、ジンをトニックウォーターで割ったもの。