目処と目途の違い・意味の違い・どっちを使うべきか使い分け方法

そのようなことから、高い効率性が必須なので、今の時代の方がとても大変です。

12

目処(めど)と目途(もくと)

「めど」と読みます。

目処(めど)と目途(もくと)

例えば「五月を目処に」とか 「完成の目処(見通し)がつく」という使われ方をしています。 使い分け方を考えると少し難しいように思えますが、日本語の奥深さを感じ取ることが出来ますね。 「半年以内の完成を目途にしている」「ようやく予算の目途が立った」のように使われます。

29

「目処が立つ・目処がつく」の違いや意味は?「目処」の使い方を解説!|語彙力.com

目処が立つという言葉を使い、進捗の共有をこまめにすることは、とても大切なことです。

4

「目処」とは?意味や使い方を解説!

最後までお読みくださりありがとうございました!. 「めどころ」説の場合は「目処」が正しいような気がしますが、他の2つの説の場合はどちらの漢字も当て字になりますね。 また、同じ読みで似た意味を持つ「目途(めど)」という言葉がありますが、こちらは本来「もくと」と読む別の言葉です。

18

「目処」って読めますか?「目処が立つ」の意味と使い方

例文を挙げると、「この計画は、来年九月実施を目処に細部を詰めていく方針です」、「おおむね完成の目途が立った」、「まず資金調達の目処をつける必要がある」、「二年後を目途に独立を承認する、という取り決め」などとなります。