SDGs 17「パートナーシップで目標を達成しよう」

4 必要に応じた負債による資金調達、債務救済及び債務再編の促進を目的とした協調的な政策により、開発途上国の長期的な債務の持続可能性の実現を支援し、重債務貧困国(HIPC)の対外債務への対応により債務リスクを軽減する。 複数の目標を同時に達成するためにもグローバル・パートナーシップを活性化し、包括的なアプローチを取ることが重要です。 19 2030年までに、持続可能な開発の進捗状況を測るGDP以外の尺度を開発する既存の取組を更に前進させ、開発途上国における統 計に関する能力構築を支援する。

SDGsの目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」達成に向けてまずは現状知ろう

ゴール17「パートナーシップで目標を達成しよう」だ。 日本では、ボランティア活動(児童養護施設における教育支援・様々な活動の手伝い、障がいを持った方々との交流、障がいのあるお子さんに対しての英語教育支援など)を3年前から行っています。 6 科学技術イノベーション STI 及びこれらへのアクセスに関する南北協力、南南協力及び地域的・国際的な三角協力を向上させる。

SDGs目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」の取り組み内容とは?

2 先進国は、開発途上国に対するODAをGNI比0. 持続 可 か 能 のうな開発に向けて,必要な行動や方法を強化する• 「パートナーシップで目標を達成しよう」への身近な取り組みではないでしょうか。

16

マルチステークホルダー・パートナーシップで進めるSDGs

6 科学技術イノベーション(STI)及びこれらへのアクセスに関する南北協力、南南協力及び地域的・国際的な三角協力を向上させる。 1 財及びサービスの輸出額に占める債務額 17. 2「資金 開発援助に対する先進国のコミットメントの完全実施」 先進国は、開発途上国に対するODAをGNI比0. 7 開発途上国に対し、譲許的・特恵的条件などの相互に合意した有利な条件の下で、環境に配慮した技術の開発、移転、普及及び拡散を促進する。 4 必要に応じた負債による資金調達、債務救済及び債務再編の促進を目的とした協調的な政策により、開発途上国の長期的な債務の持続可能性の実現を支援し、重債務貧困国(HIPC)の対外債務への対応により債務リスクを軽減する。

3

目標17:パートナーシップで目標を達成しよう|SDGs推進ネットワーク福岡|note

先進国と途上国の間のインフラ格差は、そのまま経済格差につながっていると言っても過言ではありません。 それがSDGsを 実 じつ 現 げんするパートナーシップとなっていきます。 富田薬品(熊本県熊本市)は、地元企業のパートナーシップにより地元経済・雇用の維持と製品の安定供給へ貢献する取組をしています。

22

SDGs目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

貧困国では十分なインフラ整備を行うための経済力がなく、整備不足が経済発展を阻害してしまっています。 (出典:「パートナーシップで目標を達成しよう」)• 少子高齢化や人手不足などの様々な問題がある日本では、発展途上国を支援しながら、日本自体が発展することを目指して活動することが重要です。 ・アフリカのインターネットユーザー数は過去4年間でほぼ倍増した。

5

「SDGs 17.パートナーシップで目標を達成しよう」の取り組み事例5選!

図1 「女性の識字率向上」という問題を例に挙げると、従来は教育という枠組みのみで考えられがちだったが、女性への教育で識字率が向上しただけでは問題の根本解決には至らない。 3 複数の財源から、開発途上国のための追加的資金源を動員する。

8