内田 勝 (Masaru Uchida)

ハイパーリンクのフックは情報のいたるところに隠されている こんな簡易な解説でもすでに読者は「そんな小説、いったどこが面白いんだ?」と感じておられると思うが、まさにその通りで、「トリストラム・シャンディ」は何らかの意図を持って、もしくは何らかの発見を得て当たらなければとても読み通せるものではない。 そして、第6巻の終わりになると「いよいよ物語の本筋に入っていきます」と言い出し、これまでの5巻までの私が動いてきた線だとして、一筆書きのクネクネ曲りくねったり尖ったりした線を五つ書いて脱線した経過を線で表現、これからはかなり直線に近い形になるでしょうと、真っ直ぐの線を一本書いています。

16

読破した人は日本に何人?「超難解本」4選

ちなみに『オトラント城』などゴシック小説のジャンルが生まれたのは本書の出版とほぼ同時期である。 私は試したことがありませんが、聴きながら読めば、読了も夢じゃないかもしれませんよ。

トリストラム・シャンディ(上)

356[原著の]) 原著の初版(および初期のいくつかの版)では、ここで二ページ(紙一枚分)にわたって極彩色の墨流し模様が挿入されました。

3

トリストラム・シャンディ

「破天荒な小説」という言葉がぴったりの18世紀のイギリス文学の古典。 これは二年目に出た第四巻に出てくる文章です。

6

読破した人は日本に何人?「超難解本」4選

正式な作品名『紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見』で「生涯と意見」としたことと同様、この作品が同時代の「生涯と冒険」をタイトルとする作品のパロディであることは明白である。 全編を通じて、男女数名の読者代表がトリストラムの語りに口をはさんできます。 9巻からなる筋のない奇抜な小説。

トリストラム・シャンディ(グーテンベルク21)

しかし、物語の形式を逸脱することによってストーリーというものが内包する虚構性を暴き出すことは可能である。 com' are trademarks of A Red Ventures Company. 当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。

『トリストラム・シャンディ』は最高に笑える小説であることを銘記していただきたい!

自己言及性を承知した上での、言語を用いた言語の批判と呼び換えてもいい。

28