大村憲司

どこか、聴ける所ないですか?」 憲司さん 「ん〜、じゃあ今度家にあるのをダビングしてあげる」 余程悲壮な顔をして聞いていたのでしょうね。 大切な人間。 前曲から打って変って緊張感がみなぎる曲調。また大村さん特有のロングトーンソロから、速弾きに移行し、またロングトーンにというこのギターソロの展開は聞き所だ。そしてそのままエンディングへと言う流れが最高。 7曲目「The Defector」 オレはこの曲がこのアルバムのベストだと思う。

10

ドラマチックなソロ構築美は、もはや芸術の域=大村憲司

やっと、 やっと憲司が本気を出してくれたよ。

5

赤い鳥 (フォークグループ)

異種交流が産み落とした、奇跡のような傑作アルバムが「春がいっぱい」だ。

大村憲司、森園勝敏、山岸潤史、秋山一将が競演した伝説のセッションのアウトテイクがアルバム化

なので、人柄を把握するまでには至らなかったんですけど、いちおう僕のことは気に入っててもらったみたいで、特に何の問題もなく、仲良くしていただきました。

大村憲司のギターが聴こえる

作詞:、作曲:) - 2018年発売の『坂田晃一/テレビドラマ・テーマトラックス2』で初商品化。

ドラマチックなソロ構築美は、もはや芸術の域=大村憲司

野口:上質な歌心というか、すごく品がいいんですよね。 それから20年が過ぎた今でも、彼のギターの響きが色褪せることはない。

1

大村憲司のギターが聴こえる

実際、忘れかけていたことがなんてたくさんあったんだろう。

28