『先従隗始/先づ隗より始めよ』(燕人立太子平為君〜)書き下し文・現代語訳・口語訳と文法解説 / 漢文 by 走るメロス

」 郭隗はこのように言った、 「昔の君主に、千金もの大金を持たせ、宮中の雑用や清掃を行う涓人という役人に命じて、 一日に千里も走るというほどの名馬を買い求めようとした者がいました。 生きた名馬ならもっと高く買ってくれるに違いない」と、多くの名馬がその人物のもとに集まったという話です。 君怒 ル。

18

「隗より始めよ」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

』 一年もたたないうちに、千里の馬が三頭も集まったのです。 それを見た誰かがいいました。

5

「隗より始めよ」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

「隗より始めよ」は故事成語、由来は史記「戦国策」 「隗より始めよ」は「故事成語」の一つです。 毅勝に乗じ、六月の間に、斉の七十余城を下す。 まもなく、昭王は楽毅に命じて斉を攻撃させ、斉都臨淄を占領した。

24

「隗より始めよ」の意味と言葉の由来!英語と中国語も(例文付き)

是為昭王。

3

先ず隗より始めよ

この少し前に燕は斉により一度滅びかけており、この当時太子として辛酸を舐めた昭王は斉に対して強い恨みを抱いていた。 うのたろうでした。

12

「隗より始めよ」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

その後、書家のがかの名書体で写し有名になっている。 いま、おうかなら ずし をいた さんとほっ せば、ま づかい よりはじ めよ。 (千里の)馬は今に集まってくるでしょう。