今、最も人気の国産デニム「RED CARD(レッドカード)」って?

問い合わせ先• 人気のインポートブランドが軒並み3万円前後の価格帯の中、RED CARDのプライスゾーンは 2万円を切る圧倒的なコストパフォーマンスです! ファストファッションなど安いデニムはいくらでもありますが、本当にいい素材、いい縫製で作られたデニムは、 洗濯してもヨレないんです。

21

今、最も人気の国産デニム「RED CARD(レッドカード)」って?

この3つがうまく構成されないと、いいジーンズってつくれないんですね。 フィット(FIT/はき心地、シルエット)、ファブリック(FABRIC/生地)、フィニッシュ(FINISH/加工)の『3F』です。 各シルエットはメンズのパンツに対する悩みをカバーするデニムとなっていますので。

今、最も人気の国産デニム「RED CARD(レッドカード)」って?

ちなみにこの「Anniversary 25th」は、ブランドのが25周年というわけではなく、本澤さんがデニム業界で働き始めて経過した年数のこと。 レッドカードがこれだけ売れている理由は、本澤さんの培ってきた知識と人脈を総動員し、すべての人が前向きに関わることで、見た目もはき心地もそして価格も、すべてにおいてバリューの高いジーンズができあがっているからだということが、取材を通してわかりました。 糸というのは、褪色することが大事なんですね。

18

名古屋近郊のRED CARD/レッドカード正規販売店Alcott

であれば、2万円を切るくらいの価格で、メイド・イン・ジャパンの日本品質を打ち出せるものをつくろう、というのがもともとのレッドカードのコンセプトと戦略ですね」(本澤さん) ジーンズに詳しくない人にもウケた理由は? 「ジーンズについて語るとき、僕はいつも『3F』という言葉を使っています。 デニムのうんちくに興味がない方でも、実際に何度も洗っていると、ジーンズが成長するのを実感できるはずです。 ちなみに、実際のデニムで、糸の違いはどういうところに現れるのでしょうか? 「レッドカードが、パッと見はヴィンテージジーンズのように見えるのは、この糸の役割が大きいんです。

28

名古屋近郊のRED CARD/レッドカード正規販売店Alcott

AGさんやJ brandさんなどが、軒並み3万円を超えるくらいの価格設定で、どんどん売れていました。

14

名古屋近郊のRED CARD/レッドカード正規販売店Alcott

それでいて、シルエットは今どきのスッキリとしたものに仕上げられているんです。

15