『和泉式部日記』現代語訳:参考文献:源氏物語ウェブ書き下ろし劇場:台本:演劇の世界:MAC

静岡県庵原郡由比と興津との間にある山。 24 菅家 かんけ 原文 このたびは 幣も取りあへず 手向山、紅葉のにしき 神のまにまに (このたびは ぬさもとりあへず たむけやま、もみぢのにしき かみのまにまに) 現代語訳 今回の旅は幣の用意もできませんでした。

3

小倉百人一首・権中納言敦忠(藤原敦忠)

これだけでも召し上がるようにと思って、女房たちが持って来たお菓子の台がある、そのほかにも箱の 蓋 ( ふた )などに感じよく調理された物が積まれてあるが、宮はそれらにお気がないようなふうで、物思いの多い様子をして静かに一所をながめておいでになるのがお美しかった。

【ちはやふる】小倉百人一首一覧【歌番号順/五十音順】

ささ栗。 中宮は三条の宮へお帰りになるのである。 非常な博識であった。

【百人一首鑑賞】逢ひ見てののちの心にくらぶれば昔はものを思はざりけり 権中納言敦忠|LADY

万葉、[13-3305]「さくらばなさかゆるをとめ、汝(な)をぞも、あに依すとふ、あをぞも、汝(な)に依すとふ」 さくらゐ…イ[桜井] (地名)大和の国、奈良県高市郡豊浦村にある井。 時雨 ( しぐれ )が降りはじめたころ、どう思ったか尚侍のほうから、 ながらふるほどは 憂 ( う )けれど行きめぐり今日はその世に逢ふ 心地 ( ここち )して 巧みに書こうともしてない字が雅趣に富んだ 気高 ( けだか )いものに見えるのも源氏の思いなしであろう。

百人一首の現代語訳一覧(わかりやすい意味と解説で恋の歌も簡単に理解)

【参考歌】「小町集」 はかなくて雲となりぬるものならば霞まむ空をあはれとはみよ 題しらず 君ゆゑやはじめもはても限りなきうき世をめぐる身ともなりなむ (新千載1034) 【通釈】あなたのせいで、始まりも終わりも限 きり の無い六道三界をさまよい続ける身ともなってしまうのだろうか。

26

色気のある小説

野の宮は簡単な 小柴垣 ( こしばがき )を大垣にして連ねた質素な構えである。 そうであるよ。 徒然草、五十三段「くすしのもとにさし入りて、むかひゐたりけむ有様、さこそ異様 ことやう なりけめ」 さごろもの[狭衣の] (枕詞)「さ」は接頭語。

5

小倉百人一首 音声つき 逢ひ見ての

古事記、上「その垣に八門 やかど を作り、門ごとに八さずきを結ひ」(「八」は「多くの」の意) さすさをの…サオ…[さす棹の] (枕詞)棹の長いことから「長く」に冠する。 拾遺集、五、賀「大空に群れたるたづのさしながら思ふ心のありげるかな 伊勢」 さしなべ[さし鍋] (名)「つる」と「つぎぐち」のついている鍋。

6