「朝起きたら庭がなかった」 大雨で「擁壁」崩落が相次ぐ、各地で起こる危険性も(京都新聞)

7月に大雨が続いた京都府亀岡市で、宅地の斜面を支える「擁壁」が相次いで崩れた。

24

「朝起きたら庭がなかった」 大雨で「擁壁」崩落が相次ぐ、各地で起こる危険性も(京都新聞)

トラックの運転手にけがはないということです。

19

京都縦貫道沓掛インターで土砂崩落が起きたらしい

土砂崩れの1時間ほど前から、京都市では激しい雨が降っていました。 いまのところほかには、けが人はおらず、車に閉じ込められている人もいないということで、消防と警察が現場で詳しい状況を調べています。 京都市では、土砂崩れが起きた午前7時半までの1時間に37ミリの激しい雨を観測していました。

京都縦貫道の沓掛ICで土砂崩れ 車3台が押し流され2人けが|社会|地域のニュース|京都新聞

「朝5時ごろ起きて外を見たら庭がなかった」。

8

【通行止め】京都縦貫道 沓掛出口で土砂崩れ、通行止め「車が土砂に埋まっている」と消防に通報・・・現地の情報がtwitterで拡散される

車にはそれぞれ1人が乗っていて、30代の男性2人が、足や腕に軽いけがをして病院に運ばれました。 同消防局などによると、現場は高速道路の本線と料金所をつなぐ道路で、斜面が幅約30メートル、高さ約20メートルにわたり崩落し、上下線とも土砂に埋まった。

7

京都縦貫道沓掛インターで土砂崩落が起きたらしい

なんで覚えているかといえば京都のタケノコは、大阪層群の粘土のおかげという話で・・・(ってそこ?) ただ、崩壊斜面を見たら、これは何が崩れたんだろう?とおもったり、たぶん大阪層群? こんな地質分布で、インターの所はちょうど扇状地堆積物がへばり付いていることになっています。 同消防局などによると、車3台が巻き込まれ2台が横転。 警察によりますと、道路沿いの斜面が幅およそ30メートル、高さおよそ20メートルにわたって崩れて道路に土砂が流れ込み、料金所に向かって走行していた乗用車2台とトラックの合わせて3台が押し流されたということです。

12

京都で土砂崩れ車3台が流される

5ミリの雨量を観測した。 専門家は同様の事態が豪雨や地震により各地で起こりうると指摘する。 警察などによりますと、斜面が高さ約20メートル・幅30メートルにわたって崩れ、近くを走っていた車3台が押し流され横転するなどしました。