ジャッキー・ブラウン

その一方でオデールは愛人でトウが立ったサーファーガールのメラニー(ブリジット・フォンダ)をルイスにあてがい、篭絡しようとする。

3

【ネタバレ】『ジャッキーブラウン』感想・解説|赤色に隠された秘密|オレンチの映画ブログ

ふたりとも人生に少々疲れた中年だが、出会った途端、そこに生まれるのはラブ・ストーリーだ。 つまり本作はタランティーノ流アメリカンニューシネマだと思うんです。

4

ジャッキー・ブラウン

ロバート・フォスター• このようにイメージシステムとは画面の中に多く隠されています。 広い駐車場で車をどこに駐めたか分からなくなり、苛立つルイスは正気を失っていきなり銃でメラニーを撃った。 もうひとつのチームは、マトリ(麻薬取締官)とFBI捜査官のコンビ。

16

ジャッキー・ブラウン(1998) 感想|青空ぷらす|note

マックスのオフィスを訪ねたジャッキーは、50万ドルの1割を引き、小包でそれを送ってくれた彼に感謝する。 クエンティン・タランティーノ監督作品。

15

映画『ジャッキー・ブラウン』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

そしてマックスは、ジャッキーがメラニーから金を山分けしようと持ちかけられ、それを阻止するための計画だったことをオデールに話す。

10

【ネタバレ】『ジャッキーブラウン』感想・解説|赤色に隠された秘密|オレンチの映画ブログ

この役を演じているのがロバート・デ・ニーロで、見事なボンクラっぷりで最後の方はデ・ニーロに見えないくらい。 そしてオデールの裏金55万ドルを運ぶ役を担ったジャッキーは、金の引渡し場所であるショッピングセンターの試着室へ入る。 「もう後がない」ジャッキーは、火器局捜査官・レイにもとに行き、自分がオデールの金の運び屋であることを告白しました。

18

映画【ジャッキー・ブラウン】デ・ニーロは役に立たない!あらすじと感想│天衣無縫に映画をつづる

オデールがジャッキーを保釈させた目的は口封じのためで、その夜、彼女を殺そうと訪れるが、逆にジャッキーはオデールを銃で脅し、FBIを出し抜いて運び屋をする方法があると、彼を説得した。